なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
150413_before.jpgカヨがiPhone6に機種変更して使わなくなったお下がりのiPhone5…

SIMカードが抜かれたままだとiOSがバージョンアップする度にアクティベーションを求められるので、とても面倒で使えません。とりあえずamazonで500円程度のダミーSIMというのを購入して、それを挿しておくことでこの問題は回避できました。

次は、カヨ仕様のかわいい装いを脱するため、指紋いっぱいのフィルムを剥がして、これまたamazonで購入した強化ガラスシートに貼り替えると… 新品のようにピカピカなiPhone5に生まれ変わりました!
150413_after.jpg
さて、まずは見てくれから入ったスマホ実験、いよいよ開始です。

通常のマウススティックで突いても反応してくれないので、ひとまず音声だけでどこまで使えるのかを実験中です。充電状態にしておいて「Hey,Siri」と呼び掛けると反応してくれるのですが…

何を尋ねてもほとんどは「〜を検索します」と言って検索結果を並べてくれるだけなので、結局その先はタッチしないと意味がありません。ストレートに返事を返してくれて役に立っているのは「今、何時?」(夜中に目が覚めた時に時間を聞く)ぐらいです。

あとは、車で音楽を聴くときに使うのはOK。すぐにバッテリーが激減する(カヨが機種交換することになった原因)のが心配でしたが、カーオーディオのUSBに挿しておくと、音楽データの転送と同時に充電もしてくれているようなので大丈夫。(だと思う)

となると、たぶんカーナビとしても使えそう? 以前にテレビで紹介されていたYahoo!のカーナビアプリ(無料)をインストールしてみました。すると、地図上にきちんと自宅が表示されているではないですか。そのうち遠出するときにでも使ってみよう。
スポンサーサイト
131107_sadmac.jpgMacに関するあるあるネタ…
忙しい時、ここぞと言うときを狙ったかのように死ぬ…

今月半ばにある社員総会に向けて、発表資料作りやスライド作りでヒーヒー言っている中、こういうときに限って… だ。

ここ最近、メインに使っているMacBook Proの動きが怪しいかな?と感じていたのですが、ついに先週末の朝、スイッチを入れてもウンともスンとも言わない。完全に沈黙。既にMacを使い始めて十数年、何度も何度も泣かされてきた結果ようやくバックアップの習慣は身に付いているので、幸いデータの損失はなく被害は最小限で済みましたが…

こういう時期なのでのんびりと修理に出して待っているわけにはいかず、とりあえず家族共有用のiMacを連れてきて、僕専用の入力環境と外付けハードディスク達を移植。なんとか仕事環境はキープしました。

131111_imac.jpgで、選択の余地なく新しいMacを購入することに。MacBook Proは17インチが製造中止… 今さらサイズダウンする気にはなれない、となると臨時で使っているこれと同じ21.5インチのiMacとなります。
いろいろカスタマイズして、ポチッ

…としたのが連休中だったのが失敗。
結局、届くまで1週間かかってもうたがな〜

薄型へと驀進中のMac、もはやパッケージは台形に。
120215_stick-1120215_stick-2

OTの機関誌に取り上げられるとのことで、自分のパソコン入力の環境をレポートしました。今さらですが、僕は頸髄損傷で手が使えないので口に棒(=マウススティック)を咥えてキーボードを打っています。最初は調理用の菜箸を使っていましたが、咥える部分や棒の材質が代々使っているうちに進化して、今では先端部の滑り止めも簡単には外れないように工夫したりしています。

120215_macちなみに、これが作業テーブルの全景… 17インチのMacBook Proを中心に、何台もの外付けハードディスク(CDやDVDを入れ替えしないでいいように全てブチ込んである)が並び、声の届く範囲内に携帯電話用のマイクとPC用のハンズフリーマイク、そして音声認識の環境制御装置として使っている小型のVAIOが置いてあります。作業を中断する時には、右にあるスタンド(紙粘土1個をこねて作ってもらったお手製)に棒の先を引っかけるように乗せて休みます。

120113_pc朝、仕事を始めようと思って会社のパソコンにログインしようとしたら上手くいかず… 再起動したら、見慣れない青い画面が表示されました。

Macの不具合なら幾度となく体験してきて慌てず対処するところですが、Windowsのトラブルには全くのお手上げです。上司に電話してSOSすると「夕方になるけど取りに行くから…」と。すみません…

ですが、Macのトラブル対処法に、ダメなときは全ての周辺機器とケーブルを外して放置してみるというのがあるのを思い出し、ダメモトのつもりでやってみました。数時間経って、昼食の後に起動を試みると… なんと、何事もなかったかのように復活! 再度、上司に電話してSOS撤回を報告しました。よかった~
今日から仕事始め。年末に会社からハンズフリー式の卓上スピーカーマイクが支給されて、ようやくウェブ会議なるものに参加できるようになりました。Skypeなんかでも同じようなことができそうなものですが、会社では障害者の在宅勤務に特化した「ワークウェルコミュニケータ」というソフトを使っています。
120104_triple
当然、Windows専用のソフトなので…

Mac上でFusionを開き、その中でWindows7を立ち上げ、そこで会議用のソフトを使います。でもって、同時に会社のPC(WindowsXP)をリモートで動かしているので、会議中のMacBook ProはトリプルOS状態!

年末はウェブ会議で仕事納め、新年はウェブ会議で仕事始め、なんだか急に社会人っぽくなりました。そんな会議の中、弟から電話があって「ごめん、今、会議中だから後でかけ直す」なんて言ってしまった。たぶん人生初(笑)
母のMacがいよいよ調子悪い。いつも僕のお古を使ってもらってるから、今回は新品のMacBookでも買ってあげようと数日前から市場調査を始めていました。毎日Apple StoreでMacBookの特別限定販売品をチェックしていると…

うっ、このタイミングで超久々にMacBook Proがモデルチェンジ! うっ、ううっ… ポチ。結局、自分用に新型のMacBook Proを注文しちゃいました。 ごめん、母。 今回もお古になるけど許してね。ほら、新品の13インチを買うより、僕のお古の17インチのほうが表示が大きくて見やすいよね。ね…

110307_mbp-1じゃ~ん! モデルチェンジする度にパッケージが小さくなってる気がします。もちろん本体がどんどん薄くなってるんだから当然と言えば当然かもしれませんが… 箱を開けてみると感心するほど効率良く本体と付属品が上手に詰め込まれています。過剰梱包気味な日本の企業には見習ってほしいものです。見事なエコ。
  続きを読む(←クリック)
要らない物は捨てなければ… 使い道は皆無… という中にも、愛着と現実を天秤に掛けた時に「これは捨てられない!」という物もあります。僕にとって初めてのMacintosh。先日からジワジワと部屋を片付けてきた中で、強引にスペースを作って居場所を確保しました。

付属品を接続してキーボードのパワーキーを押してみると… ポ~ンという軽い起動音と共に、時間を掛けてカリカリとハードディスクのデータを読み込みながら、一生懸命に立ち上がってくれます。よかった~、まだ生きてた~ ホコリに埋まっていたし、内蔵電池も心配でしたが、ひとまず動作に問題はない様子。

110213_performaPerforma275(=ColorClassic2)

CPUは68030/33、メモリは最大の20MBを内蔵、HDDは560MBに換装、OSはMacOS 7.6.1。この機種なりの最大限まで強化してありますが、今となっては驚きの極貧スペックです。とはいえ侮る無かれ、LC PDSに10 Base-T Ethernet Cardを取り付けているおかげで、LANに繋いであげると光の速さでインターネットだってできちゃいます。

口元まで料理を運ぶのは早いけど、一度にたくさん口に入れすぎて、いつまでもモグモグモグモグ… ようやくゴックンと呑み込む。そんな感じで表示されるYahooのトップページもいとおかし。
110210_oldmac長年生活していると物が増えて部屋が散らかってきます。どこかで思い切って要らない物を捨ていかなければ… 分かってはいるのです。でも、買うときに高価だった物というのはどうも捨てがたい。現在の価値にしてみれば下取り価格も付かない、どころか、むしろ捨てるのにも逆に金が掛かる。ムダに大きくて置いておくだけでも場所に困る。

とはいえ、長年使ってきた物には“愛着”ってものがあります。こんな大きな箱に僅か何MBという容量を詰め込んで、OSをやりくりしながら、曲を作ったり、絵を描いたり… 考えてみただけで愛おしくなります。余裕があれば、趣味のガレージでも作って棚に並べて置いておきたいぐらいです。

しかし現実は… 爪先ほどのカードにGBの時代、どう考えても使い道は皆無です。起動すらしない物もあるし。さて、どう処分したものか…

100614_tape久々の衝動買いです。USBでパソコンに繋いでカセットテープの音を取り込めるION Audioの「TAPE EXPRESS USB」という製品。Sofmapからのメールを見て買ってみたものの、見た目はかなり昔のウォークマンだし、どことなく不安。思わぬ方向にバカッと全開するフタ、どっちに回っているか分からない早送り・巻き戻し笑笑、USBケーブル1本で電源供給される点だけはイマっぽい… と思いきや、供給が不安定で音がフラフラ笑笑笑、もはや笑うしかない~!

まぁ、わざわざとっておくほどの必要があるカセットテープがどれだけあるのか、と考えると… 実際のところ、本当に残しておきたいものはCDで買ってるし、ほとんどは「今さら聴かないでしょ」ということで不燃ゴミ行きに。残しておきたいのは自分や友人のデモテープやライブ録音ぐらいでした。

それにしても、久ーーーしぶりにカセットテープというメディアに触れてみて、改めて驚くほどの不便さ&音質の悪さ! ほんの(?)20年前はこれに何の不自由も感じずに使っていたのかと…
父が会社に持ち込んで仕事で使っていたiMacが急にお亡くなりになったらしい。元々中古で購入した物だし、その後の使用年数からいっても充分に長生きしてくれたほうだと思います。仕事で使うといっても、WORDとEXCELが動いて、たまに息抜きに音楽でも聴ければいいということだったので、なんとか今までG3&OS9でもやってこれていただけのこと… とはいえ、急に使えなくなって不便であることはお察しいたします。

さて、どうするか… バックアップを取っていなかった数ヶ月分のデータを惜しむ気持ちも分からないではないが、今さらこのiMacを修理に出すというのはむしろ贅沢な話しでしょう。

で、白羽の矢が立ったのが昨年末にバーコード病にかかったまま床に放置されていたiMac G5です。修理に出せば五万円弱かかると言われて、そこまで必要性もなかったので放置していましたが、中古市場で調べたところ、同モデルの品を中古で買うよりは修理代の方が安く上がりそう… 修理といっても、どうせボードの総取替えだから、考えてみれば中身が新品になるわけだし、中古を買い直すより遙にお得に思えます。

100603_imacということで、もう何度かお世話になってすっかり要領を得たアップル修理センターへの手配を済ませ、待つこと5日… 本日、クロネコさんが生まれ変わったiMac G5を運んできてくれました。ロジックボードだけでなく電源周りまで交換されてきたので、まさに中身は新品! それでいてハードディスクは以前のままなので、戻ってすぐに起動して即元通り。ファンの音も静かに戻っていて安心しました。

あとは中身のデータを整理して父仕様に入れ直すだけ。ちょうど時期的に父の日ということで、お役に立てれば何よりでございましょう。我が家で唯一OS9にしがみついていた父ですが、これで強制的にMacOS Xへ格上げです。がんばって早く慣れてくれることを祈りましょう…

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。