なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
061227_nenga祝・年内投函!

恥ずかしながら… 年賀状を年内に書き終えて元旦前に出せたのは何年かぶりです。ん~、久しぶりの達成感。
今年も発売とほぼ同時に年賀状は買ってありましたが、結局いつも作業が遅れてこんな感じ。1ヶ月半も寝かせたハガキはインクの乗りが良い!?

スポンサーサイト
061226_printer今年は少し早めから年賀状の準備を始めていたので、本日中に印刷を終えてポストに投函… の予定だったのに。昨日まで何ともなく動いていたプリンターがいきなり動かなくなりました。
自力で原因を探しても全く復帰の目処が付かなかったので、思い切ってプリンターの製造元であるキャノンのサポートセンターに電話をしてみました。電話越しにあれこれ指示を受けてやってみるも、最初のうちは自分で既に試したことばかり指示されて苛ついてきましたが… ドライバーを最新のものに入れ替え、最終的にプリンターのコンセントを抜いて10分ほど休憩させてからもう一度起動させたら復帰してくれました。

調子が戻った頃にはスッカリ夕方で、今日は裏面を印刷しただけでタイムオーバー。

061225_yasai“無手入れ”第3弾。

家から少し離れた場所で畑を借りて育てている野菜達。父が1人で世話をしているので、1~2週間おきにしか手を掛けられない様子ですが、自慢は“無農薬”… 雑草も伸び放題、虫も食い放題の“無手入れ”だからこそ、生命力の強い野菜ができるんだとか!?

今回の収穫はなかなか出来が良かったようです。いつも野菜が高値の時期にはとてもありがたい存在なのですが… その割りには、父以外の家族はみんな“無関心”。
“無”の境地に育った究極の野菜をご覧アレ。
車に続いて、“無手入れ”話しの第2弾。

僕が小学生の頃から我が家にあったピアノ… 普通より少し小さめのアップライト・ピアノで、特別何かが優れた楽器ということでもないのですが、長年使ってきた愛着タップリの楽器です。
最近ではカヨが遊びでよく弾いているのですが、2年間調律しなかったせいで音はメチャクチャだし、上がってこない鍵盤がいくつかもあるし。特に音の狂いがヒドくて、2階の自室で何気なく聴いている時でもハズれた音に腰が抜けそうになることがありました。遊びとはいえ子供の音感に悪影響なんじゃないかと思い、一時は電子ピアノに買い換えようかとの話しも出たのですが… どんなに高価で高性能な電子ピアノでも、サンプリング音がスピーカーを通して鳴る音色は僕にとっては今どきのシンセサイザーの音にしか思えません。良いピアノじゃなくても、ハンマーが弦を叩いた音が木の板や空気を伝って鳴っている物理的な音こそが本当のピアノの音色だと思うのです。

061222_Dr_pianoということで、2年ぶりの調律。正直言うと僕としてはダメ元というか、可能な限りなんとかなれば、ぐらいの期待しかしていなかったのですが… 来てくれた調律師さんが超ベテランの本物の“職人”さん。鍵盤までバラして1本ずつ磨いて並べ直し、緩みきった弦を締め直して、みるみるうちにピアノが生き返っていきます! チューニングも今までが嘘のようにピッタリに! 毛筆で書いた滲んだ線が、鉛筆でシッカリと引いた一本線になっていく感じ。ひとつひとつの音程が揃っていくのを聴いているととても心地良くて、作業を見ているだけでも感動してしまいました。
ここまでピアノがガタガタになったのは床暖房による乾燥が原因だろうということで、最後に蓋を閉じる前に、水を入れた大きなペットボトル(キャップを外した状態)を3本入れて、作業は完了。ペダルや「YAMAHA」の文字までピカピカに磨いてもらって、まるで本当に買い換えたように生き返りました。調律師さんが“ピアノの神様”に見えてきた…

061221_washing日頃、僕の足(=電動車椅子)の足(=車)として活躍してもらっているリフター付きの日産キャラバン。購入直後の頃は何度か水洗いぐらいはしてもらった覚えがあるけど、ここ数年… いや、ほぼ十年近くの間、全くと言っていいほど洗っていませんでした。言い訳すると、このキャラバンはハイルーフ仕様のため車高が2.3mと高く、ガソリンスタンドにある普通の洗車機には入れないのです… が、最近、近所のスタンドに大きめの新型洗車機が導入されているのを発見! 2.3mでも洗車OKとのことで、ようやく本日、母に車を運んでもらいピカピカに洗ってきてもらいました。
でも、さすがに十年近く放ったらかしだっただけに一度でピカピカにというワケにはいきません。特にフロント部分は潰れた虫が化石化してるし塗料のツヤも落ちてるし… 今後はもう少しマメに洗ってあげないきゃいけないなとチョット反省。

今日はリハビリの予約が取れなかったので買い物へ… ノジマに用があったので伊勢原エムアイプラザに行きました。

061218_taiyaki-2まずは昼食。ヨークマートのフードコートにバラエティー豊富なタイヤキを売っていたのを思い出し、今日こそ「ツナお好み焼き」味のタイヤキを食べようと思って店に行ったのですが… お目当ての品は不評だったのかメニューから消えていました。ま、同じ店で普通にお好み焼きも売っているんだから当然と言えば当然!?
そこで、代わりに食べたのが期間限定品の「クリームシチュー」味のタイヤキ。意外に美味しかったです。甘くないので、おやつ感覚というよりは軽い昼食にピッタリ。

061217_umi久しぶりに海を見ました。いや、正確に言うと横浜に行ったりして見てはいたんだろうけど… 自然の海を見て「いいな~」と感じたのが久しぶりでした。と言っても、特にキレイな海を見に行ったワケでもなく… 買い物でロビンソンに行く途中に西湘バイパスを通っただけなのですが。
ま、単にここの海の景色が好きなだけなのかもしれません。自分で車を運転していた頃にも、たまに神奈川に帰ってくると必ずこの西湘バイパスをドライブしていたような気がします。

061217_xmasこの時期は都会だろうと田舎だろうと、そこそこ大きい店に行けばどこでも大きなツリーが飾ってあって、クリスマスの特別イベントなんかをやっているものですが…

061217_snow驚きました! 先週わざわざ横浜まで見に行ったというのに、こんな所でも館内に雪が降っていました。
ここでもランドマークと同じように“音と光と雪が…”なんて宣伝文句が添えられていましたが… これって流行ってるの?

061216_ankou父が忘年会で夕食には帰らないというので、今夜の食事のテーマは「父が嫌いなせいで日頃あまり食べられない物」… うなぎ、スパゲッティー、等々いろいろあるのですが、今夜は全員一致で“あんこう鍋”に決定。37歳の僕の記憶の中で、我が家の食卓に登場したのは今回で2度目。実は初めて登場したのはまだ先週のこと。

少し前からスーパーで魚を買うことが減っていて、最近ではヘルパーさん情報で知ったわりと近所の小さな魚屋さんで買うことが増えています。理由は簡単、新鮮、安い、親切。その魚屋さんでキレイなあんこうに出会ったというのが我が家のあんこう鍋デビューのキッカケでした。元々家族みんなが魚好き&ゼラチン系好きなんだから、当然、あんこうは大好評です。それで10日も経たずに再び…(^^;)

もちろん僕もハマりました。肝が美味い!皮も美味い!軟骨も美味~い!美味しい鍋に出会えて冬の楽しみがひとつ増えました。

061213_koide-1二宮にあるレストラン「開幸」の小出シェフに出張料理をお願いしました。下ごしらえの済んだ食材を原チャリで運んできて、自宅のキッチンで仕上げてくれているところです。料理が出来てからリビングに下りるつもりだったのですが、2階の自室にいても美味しそうな匂いが気になって何も手に着かない… いつもと同じ我が家の台所のハズなのに、いつもとは違うプロの匂い?! (母が横で「悪かったわねぇ」と言っている)

061213_koide-2次々と出来上がった料理がテーブルに並べられていきます。今夜は人数が多いので料理は自分で取りに行くようにビュッフェ式で…
サラダ、魚介のテリーヌ、鶏の煮込み、グラタン、ローストポーク、野菜のスープ、混ぜご飯、デザートはチョコレートのムース。

061213_koide-3リビングの離れた場所に特設テーブルを置いて食事はこちらで。美味しい料理に会話も弾んで楽しい夕食会になりました。



横浜にクリスマスな雰囲気を味わいに行ってきました。天気も回復して思ったほど寒くもなく、この時期としては電動車椅子で遊びに出るのにも適した気候。とはいえ、夜の寒空の下でイルミネーションを楽しむ勇気なんか無いので、電車で出掛けてもなるべく冷えた外気に触れないで移動できるルート… というわけで目的地はMM21です。

061210_mm21-2まずは、みなとみらい線の駅から直結のエレベーターで上に登り、一番近くにあるクイーンズスクエアのクリスマスツリー! 遊園地っぽい可愛らしい感じで子供にも人気があるようです。ホールの音楽に合わせてイルミネーションが変化するというショータイムもあるそうですが、こちらは本命じゃなかったので時間が合わず…

061210_mm21-3さっさとランドマーク方面へ足を向けますが… 途中のクイーンモールにもさり気なくクリスマスツリーのJr.達が並んでいます。

061210_mm21-4パークの方を見ると観覧車がキレイだったので、勇気を出して外に出てみました。
いや~、キレイです! 1年中で一番夜景がキレイな時期かもしれませんね。思わず寒さも忘れて… いやいや、忘れたのは一時で寒いもんは寒い。やっぱり早く本命に向かおうなんて言ってサッサと館内に待避しました。

061210_mm21-1本日の本命、ランドマークプラザの「スワロフスキー・クリスタルツリー」です。1万個のクリスタルが照明に照らされてキラキラ輝いています! 日頃、せっせとビーズを紡いでアクセサリーなんかを作っているカヨに見せたくて… とか思って連れて来たのですが、正直自分の方が「オォ~ッ!」なんて思っていたような。
到着した時にはスターダスト・レビューのライブが始まっていて、本当はこれもジックリ聴きたかったのですが… 既に人が大勢で身動きが取れず、少しでも近くへ行こうと悪戦苦闘しているうちにライブは終了してしまいました。
しかし、その努力はムダではなかった! ライブの観客が退散しだして、その人混みを避けているつもりでハマリ込んでしまった場所が、ふと気が付くと次のショーを見るのにベストなポジションだったのです。18:00になって「メリースノークリスマス」が始まりました。ショーの内容は、光と音楽と“雪が降る”… 雪… う、うん、まぁ… 雪かな…


近所のユニクロにフリースを買いに行きました。本当は昨年買ったのと同じ薄手のフリースのパーカーが欲しくて行ったのですが、残念ながら今年は同じ商品を作っていないらしい… これから本格的に寒くなってくると、ヒートテックの下着+フリース+ボア付きのジャケットという格好になっていくのですが、中に着るフリースが分厚いと車椅子に乗った状態で背中が浮き上がってしまい、その分ヘッド・コントローラーが頭から遠くなって車椅子の操作できなくなってしまいます。なので、重ね着してもモコモコしならないぐらいの薄手のフリースが欲しい。

061206_shoes+2で、買ったのがこの2枚。“2枚買えば1,000円お得”セール中だというので、丸首のとハイネックのを1枚ずつ。今まで首に触るハイネックは避けてきた(麻痺の境界線である首周辺は感覚が過敏になっているので不意に触ると痛い)けれど、昨年は新兵器“ネックウォーマー”の防寒力のおかげで冬でもかなり外出できたので… 今年の新兵器として思い切ってフリースのハイネックを投入してみました。(寒いのは痛い以上にツライ!)さらに、先日、衣類の整理をしていたら自分の服が黒・紺・グレーばかりなことに気が付いたので… 意識的に明るい色を選んだつもりです。

おまけに、帰りの途中で立ち寄ったJASCO内のスポーツ店でAdidasの「ロッカールームソックス」というのを見付けて購入。スリッパと厚手の靴下の中間みたいな物?! ほぼ見た目で衝動買いという感もありますが、思った以上に実用的です! 今までも常に自分にあった靴を探してきてはいたのですが、締め付けが強かったり、生地が固かったり、麻痺で感覚のない足に履くには危険(当たっていても痛いのが分からないので長時間履いていると真っ赤になって炎症を起こす)な物ばかりでした。ここ最近はクッションの上に素足状態だったので、寒さ&見た目のみすぼらしさが気になっていたところ。良い物に巡り会えました。

昨日、コンサートで東京に行った際のいろいろ…

行きは新宿駅から山手線に乗り、東京国際フォーラムの最寄り駅とされる有楽町駅で降りました。所要時間は新宿での介助待ち30分+山手線半周30分で合計約1時間! 事前にエレベーターの位置をきちんと調べずに行ったばかりに、新宿で駅員に案内されるがまま最もバリアフリー度の低い改札(北側地下通路・西口改札)に行ってしまったのがマズかったらしい。

さらに、有楽町駅を出て目の前のビックカメラ。店の前を線路沿いに進めば会場までほんの僅か近道かもしれないのだけど、その道は歩道もなく路上駐車が数台有り… なので、店の向こう側の広くてキレイな歩道で行こうと店の角を回って進むと… ゲッ! 発売2日目の新型ゲーム機「Wii」を買おうという客の行列が歩道を塞いでいる。なんとか1人通れるほどは空けて並んでいるつもりだろうけど、点字ブロックまで塞いで並ばせるこの店には“バリアフリー”なんて意識は微塵もないと見える。開場時間前なので苦情を言ってる暇もなく難所を通り抜けるも、並んでいる人がゲームや携帯電話に夢中で人が苦労して通っていても避けもしない。これじゃいくら整備された歩道でも全く意味がない。

コンサート会場の車椅子席の件もそうだけど、いくら予算を投じてバリアフリー設備を整えても、結局、最後は人間がどう使うかが問題なんじゃなかろうか?!

さて、コンサートが終わった後、館内のレストランで夕食を済ませ… 帰りは東京駅から電車に乗ることにしました。
061203_tokyost-1有楽町駅より少し遠くなるけど、国際フォーラムのエレベーターを下りれば東京駅の京葉線改札口(京葉地下丸の内口)に直結なので、寒い時期や雨の日でもOKな全天候のルートといえます。問題は京葉線ホームと他のホームがドえらい遠いこと… 名付けて“東京駅ミステリーツアー”! まずは京葉線乗り場を縦断して八重洲連絡通路へ向かいます。
061203_tokyost-2連絡通路の途中、カレー屋さんの脇の職員通用口からいよいよ“秘密の通路”へ突入。JR東日本のホームページでも駅構内図には記されていない現役のバリアフリールートです。この扉口に職員呼び出し用のインターホンを設置してくれれば、介助の係員をはるばる京葉線乗り場まで呼び出さずに自力でここまで来るのに… 長~い連絡通路を係員が1往復する分の無駄な待ち時間が省けると思う。ちなみに帰りも改札口で30分待たされたのでした。

061203_tokyost-3“秘密の通路”といってもあくまで客に対して秘密なだけで、日中は運搬用のカートが行き交い職員の活気でごった返している普通の職員用通路です。一応、路面が塗り分けられマークの付いたコースが確保されていますが、油断してると轢かれそう(or轢きそう)になる慌ただしい裏通り。この日は日曜の夜とあって、営業終了後の職員用通路はひっそりと暗く静かで… まさにミステリーツアーな雰囲気。

061203_tokyost-4各線ホーム南端の地下を東西に横切るトンネル通路。ここからエレベーターで各在来線のホームに行き来できます。赤レンガ造りにランプの灯る地下通路は大正時代にタイムスリップしたような雰囲気です。自分が大都会東京のド真ん中にいるのが嘘みたい?! 広大な東京駅という建築物に改めて歴史の重みや迫力を感じられる場所です。

061203_tokyost-5エレベータを登るとホームの南端… 改札を入ってから全行程15分以上の長旅でした。
帰りは快速の中央線なので新宿まで15分です。とはいえ、下車駅への介助の連絡確認のため目の前に停まっている電車を1本見送り、次の電車に10分待ち… 改札口から電車に乗るまで、なんと計約1時間! 同行した母は理不尽な待ち時間にブチ切れ気味 現場で苦労している介助の係員に文句を言っても始まらないが、当然僕だって納得できず腹も立つ。この広大な駅構内を僅か数名の“介助部隊”で間に合わせようというJRが無謀ってもんだろ! 完全なバリアフリー化が進むまでは部隊を増員するとか、係員の待機箇所を分けるとか、インターホンの設置を増すとか、ホームの駅員が乗降介助をするとか、改善の方法は何かあるハズです。

下車駅の新宿には南口コンコースにエレベーター(→駅構内図)があったことを思い出し、電車の最後尾に乗車。おかげで帰りは小田急線までスムーズに移動できて、ギリギリ最終のロマンスカーへの乗り換えには間に合いました。

061203_hakase-29月に地元の文化会館でのコンサートを観に行って… その数日後、再びチケットを取ってました。今回は東京国際フォーラムでの公演です。大きなホールで聴いたらもっと良いんじゃないかなと思って、電車を乗り継いで2時間!はるばる東京のド真ん中まで来てしまいました。途中、普段では味わえないトラブルにも遭いつつ…(←については後日)
チケットを取った頃は暖かい時期だったから外出するのもなんともなかったけど… 今日は特別に寒い! 昨日までの気候と比べたら2ヶ月分くらい一気に冷え込んだような。

061203_hakase-1僕だけ昼食がまだだったので、広場に来ていたカワイイ販売車を見付けてお食事です。握り立てのホカホカおにぎり&熱々の豚汁のセット。東京のド真ん中で買ったには“アボカドエビマヨ”なんて洒落た具が入っていて、これがすっごく美味しかった! 豚汁も具だくさんで美味しくて… 近所だったら毎日でも通いたい。

コンサートは最高でした! 全体の流れは秦野で観たのとほぼ同じでしたが、気のせいか迫力が違ったような気がします。しかも、葉加瀬さんの音楽はやっぱり“生”の方が良い! 同じ曲でも、何度聴いても、CDで聴くのとは違ったカッコ良さを感じました。
061203_hakase-3ただひとつ、秦野で観たときより残念だったのが車椅子での観覧位置。公式ホームページによる表示では車椅子用席とされていたはずのスペースに大きなTVカメラが設置されていて、車椅子で観に行った僕はそのさらに外側の壁際でした。ステージの右1/4は見えへんやん。前回、一目(耳?)惚れした熱くなりすぎないカッコイイ女性パーカッショニスト… ステージ右奥なので全然見えへん… かなりガッカリでした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。