なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学校の吹奏楽、西湘地区の大会でした。入浴時間を1時間早めてもらって、浴後すぐに秦野市文化会館へ直行。

座って演奏の吹奏楽ではユウはチューバ担当です。しまった! 何も考えずにいつもの癖でホール左側の車椅子席に入ってしまったけど、チューバの位置は右側の方が見やすかったのに… あらら、ちょうど指揮者の先生と重なってユウが全く見えない~ ま、演奏は音が聴ければいいんだよね。チューバの音は目立つし。

良い演奏だったと思うんだけど、結果はいわゆる“ダメ金”… 金賞だけど上の大会には進めないというビミョーな賞。オメデトウなのか、残念…なのか、本当ビミョー。まぁ、本町中は座っての演奏より、本命はマーチングだから、これをバネにしてさらに練習して、8月末のマーチング大会でガンバってほしいものです。

スポンサーサイト
昼過ぎから社協で地域の福祉に関する話し合い。グループワークから正式に「地域福祉連絡会」へと進化して、今日も地域の日常生活の中に埋もれている問題をみんなで掘り起こす。今回の話題の中心は“子育て問題”ときた… 自分は関係ない、ってことはないんだけど、普段は車椅子利用者の立場とか身体障害に絡んだ話題にしか話しを振られない自分としては、今回はチョット蚊帳の外って感じもする。僕の他にも、施設の相談員さんや、団塊世代の団体の代表さんも、同じ空気を感じている様子!? 結局、最後までほとんど発言の機会もなく終了。ま、たまにはいっか…

070727_ichinoyaで、今回は終了後に、このメンバーで初のお食事会がありました。会場は秦野駅南口近くの『一の屋』… きれいなお店でバリアフリーも完璧でした。駐車場から玄関のスロープ、店内のエレベーターや通路も使い易かったです。僕の介助として一緒にスロープから座敷へ上がったTくんですが、「お客様、お履き物はこちらで脱いで下さい…」と言われちゃってビックリ(笑)

午前の入浴の間に、電動車椅子の部品交換を済ませてもらいました。キーキーと異音を立てていたリクライニング用のシャフトに油を入れてもらい、前回の修理時に引っぱって外れかけていたコードも余裕を持たせて再配線… こういうのをメンテナンスって言うんじゃなかろうか。本来なら毎年でもやってくれてイイんだけど、こちらから言って6年目にしてようやく実現。

「これで、この夏ぐらいは問題なく乗れそうですかね?」
我ながら意地の悪いものの言い方だけど、それに対する応えは
「そう願っています。」
って… あっそ… そうくるか…
あんたもプロなら、そこは「はい」でしょ。ここはウソでもそう言ってくれよ…

とりあえず、朝、ヘルパーさんの介助で電動車椅子に乗せてもらったけど、背もたれがストンと腰の辺りまで落ちてしまっていて、そこに固定されているヘッドコントローラーも首まで落ちている。これじゃ操縦できない… 背あてを強引に持ち上げて、自分の背中で押さえて乗っていればなんとかなるだろうと思っていた(事実、昨日はその状態で夜まで乗っていた)けど、やっぱり体が引っぱられて下がっていく。今日は散髪と期日前投票に行く予定にしていたのに、こんな状態じゃ無理そう。

急きょ、車椅子屋さんに電話して来てもらうことに。昨日、留守電にメッセージを残しておいたのに何の連絡も来ないし… 家に来たところで、まず、ここ最近の“あり得ねぇ~”状況を尽く並べて立てて、「もういい加減なんとかならんのか!」と猛抗議。さすがに今日は逆ギレしてこないものの、おっちゃん、タメ息を連発。毎回だけど、こういうのもイチイチ癇に障る。タメ息つきたいのはこっちだ。

故障の状況を把握せずに来てるから、予想通り、今日の時点で修理なんかできない。故障した部品を「交換するだけ」の修理だから、まずは部品の手配をしないことには始まらない。モーターが動かない=モーターの故障? コードの断線・接触不良? コントロール系の異常? 素人目に見てもその辺が考えられるのに、この人は「原因究明」という職人技を持っていない。ただ「交換するだけ」。じゃ、せめて早く行動に移ってもらうしかない… 背あてを違うネジでとりあえず仮止め。なんとか乗れる状態にしてもらい、続きは明日ということに。

夕方前になったので、散髪はキャンセルしたけど、期日前投票には行けました。天候が不安定な時期だけに、晴れてるうちに確実に済ませとく。この期日前投票ってシステムには大助かり。

毎度、何かと問題の電動車椅子。ついに大破。この短期間にいろいろあったし、まぁ、当然といえば当然の結果。

バキッ!
手圧排尿のためにリクライニングしている途中、背後でもの凄い衝撃音がした。心臓が止まるかと思うほどの大きな音。ただ事ではないと感じ、リクライニングを止めて背もたれを起こしてみた。幸い、座位には戻れたのでホッとしたものの… この音で何も起きていないハズがない。各動作を恐る恐るチェックしてみたところ、リクライニングに連動して上下するはずの背もたれが動いていない。唸ったりという反応すらなく、全くモーター音もしない… 完死

夜になって就寝介助に来てくれたヘルパーさんに見てもらったところ、背もたれを動かすモーターからの太い軸が大破していた。よほど大きな負荷が掛かっていたらしく、太い頑丈そうなネジが完全に折れている。この音だったのか…

連日、「有り得ねえ~」とシリーズ化して書いてきた電動車椅子の問題。もはや、あり得ないなんて現実逃避では済まないところまで来てしまった感じ。

昨夜、就寝のため車椅子からベッドへ移る準備をしていた際の出来事。リクライニングしようと少し背もたれを倒した時に「コロンッ」と何かが床に落ちる音がしました。ヘルパーさんに辺りを見てもらうと、僕の後ろにボルトが1個。ああ… またか… 明らかに電動車椅子のどこかのネジが弛んで落ちたに違いありません。緊急事態ということで、ヘルパーさんが根気よく車椅子を隅々まで調べてくれた結果、なんとか抜け落ちた箇所を見付けてくれました。(何百とあるネジの中から見付け出してくれたことは神業に近い!)

先日、これまたネジが抜けて大きく歪んでいたフレームを直した箇所の、少し下に付いている箱形の部品。その部品を固定するためのネジが弛んで抜けていました。固定のためのもう一箇所のネジも同様に弛んでいて、気付かずに放置していたらと考えると… だいたい、あれだけ歪んでいた物を修理に来たら、その際に周囲に影響がなかったか調べるもんだよ、普通。言われたことだけ直せば仕事は終わりか? そんなのプロじゃない。

ネジが音を立てて抜け落ちる度に、自分の心までネジがはずれて壊れていく気がします。あの車椅子屋さんとの信頼関係は完全に打ち砕かれた感じ。いい加減、本気で対策を打たないと… 電動車椅子が本来の目的を果たせていない。自分も精神的に参ってしまう。もう無理。

朝の時点での僕の天候予想が若干読み違えだったらしく、入浴で湯船に浸かっている時間が少し長すぎたようです。入浴後、服を着て電動車椅子に移乗… ベルト固定や姿勢修正をしてもらっている途中でフワ~っときて、心地良く真っ白な世界に突入 ほんの数秒のことなんだろうけど、本人は意外に気持ちよく夢の中なんです。看護師さんの声に起こされて我に戻ったけど、実を言うと「なんで今起こすの… いい気持ちやったのに…」的な気分だったりする。今日は実際に家の外でも鶯が鳴いてたせいか、真っ白な夢の中でも自分の周りで小鳥がさえずり、小動物に囲まれて気持ちよく眠っているような気分でした。ほんのひと時、ふぁんたずぃ~な世界。  
(でも、そのまま放置されてるとヤバイらしい!?

頸髄損傷になると“起立性低血圧”という症状があって、急に体中の血が下がって目眩が起き、ひどいときには意識を失います。以前、入院中に向かいのベッドの患者さんと会話していたら、その人が突然気を失っていて笑顔のままフリーズしていたことがあったっけ… 慌てて大声で人を呼んだけど、僕にとってはかなり衝撃的な事件でした。幸い、僕は日頃はこれに強い方で、クラッときても意識を失う前に対処できる方なのですが… ごくたま~(年に数回程度)に起立訓練中や入浴後、本人も気付かないうちに速攻でダウンしていることがあります。

皆さん、幸せそうな表情で白目をむいてる僕を見掛けたときは、容赦なく頬をひっぱたいて現実世界に連れ戻してください。

070718_drum我が家の看板猫“ドラム”が今朝早くこの世を去りました。
少し前から口元が爛れて餌を食べなくなってしまったのが原因で、みるみる痩せ細ってしまい、昨夜からさらに容態が急変して悪化。母が一晩寝ずに看病したけれど…

とても愛嬌のあるヤツで大好きだったのに。ヘルパーさんが来るとき、帰るとき、玄関に送迎に出る妙に社交的な人なつっこい猫。仕事中にも必ずのように自力で戸を開けて部屋に侵入してきて、低い声でウニャウニャ言いながら、気が済むと勝手に出ていく。家族が出掛けると、決まって留守番で残った僕の部屋の前に来て、戸をガリガリやっては去っていく… 意味もなく家の階段を何往復も上ったり下りたり。他の猫と違って身軽に階段を上らない。四本脚でヨイショヨイショと一歩一歩上るから、足音だけですぐにドラムだとわかる。いつも何かを訴えているような目つき。器用に手のように使う太い前脚。鉤状に曲がった尻尾は丸くてフサフサ。マイペースで、堂々としていて、どこかヌケてて、いつも我が家にいるのが当たり前だったドラム。こいつがこんな風にいなくなってしまうなんて考えられなかった…

家の空気にポッカリ大きな穴が空いてしまった気がする。

070715_harry台風4号の影響で朝からスゴイ暴風雨でした。子ども達の部活も臨時休み。こんな天気じゃ今日はみんなで大人しく家に… と、思いきや。静岡まで列島を縦断してきた台風が予想コースを外れて南の海上にそれてくれました。よって昼から天候が一転、ウソのような快晴に!

急きょ、みんなで映画を観に行くことにしました。いつもの平塚の映画館で、ハリー・ポッターのシリーズ5作目『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を一足早く先行上映で観ることに。実はこの連休を逃すと家族それぞれに予定があって、みんなで観に行くのは無理かなぁと思っていたところ… 恵みの雨?晴? 良かった。

一般公開日前につき、ネタバレ防止のため感想は「続きを読む」に…
  続きを読む(←クリック)
先月末、神奈リハのPT中に電動車椅子の修理をしてもらった。修理といっても元々の問題点を解決するための部品交換で、それほど複雑な作業じゃない… ハズだった。リクライニングが突然動かなくなる問題を解消するために、角度を検出するセンサーを違う物に換える。チルト動作中にフレームがコードを踏んで傷付けているため、干渉しないように配線のコースを換える。電話では「20分あれば…」といっていた作業が容赦なく2時間越え。またしても同行のヘルパーさんに苦労を掛けた。

…と、ここまでは序章。

070714_neji一昨日、車から降りる際にリフター上でヘルパーさんが車椅子の異常に気付いてくれました。背中のフレームが思いっ切り歪んでる。よく見るとフレームを止めている右側のネジが抜け落ちていました。部品交換の作業中に締め忘れたんだろうな… ここんとこ“あり得ねぇ~”出来事続きなので、もうこの程度のミスでは驚かなくなった自分が悲しい。

で、早速、問題の車椅子屋さんに電話。ネジが落ちてフレームが歪んでしまっている状況を伝えると、思いがけない答えが返ってきました。
「あ~、そのネジならこの前既に無かったですよ。」

だったら黙って放っておくな~!

気付いたんならその場で締めとくのが普通じゃん。そもそも、この車椅子のネジを弛めるのはあんたしかおらんやろ。まさか、勝手に落ちたなんて言うなよ… それならそれで、さらに問題ですから。
神奈リハへの通院帰りに伊勢原のノジマで買い物をしてきました。母は別の店で買い物があったので、広いショッピングモールの駐車場で車を降りたら互いに別行動です。ひとりでノジマの店内をウロウロ… DVD-Rのパックを買おうと思ったのですが、近くに店員が居ない。買う商品は決まっていたので店員を呼ぶまでもないかと思い、近くを通りかかったご婦人に声を掛けました。
「あの~、ちょっとスミマセン…」
すると、その人はとびっきりのスマイルで手を振り返してきた… あれ? 誰か知り合いだったっけ!? どこかのヘルパーさん?? 私服姿だと意外と気付かないもんで… なんて思いながら、こちらも爽やかなスマイル返し。でも、よく見ると声を出さずに口元で何かを訴えている様子。
「店員ジャナイ、店員ジャナイ…」
「……」
それぐらいはわかります。顔は笑顔ですが、若干怯えておられるご様子で“こっち来ないで”オーラが全開… 噛み付いたりしないから少しだけ僕の話しを聞いて下さい。
「そこの品を取って僕の膝に乗せていただけませんか?」

ま、時々あることですが… 見ての通りそんなに怖い人じゃないので。こちらとしても、素人相手にはそんなに無茶なお願いは致しませんから。

とはいえ、その人に商品を取ってもらえたおかげで買い物は無事に終了しました。どうもありがと~! もう一度出会うことがあれば、次回はお互い本物の笑顔でお会いしましょう。

レジを終えた後、何気なくテレビ売場を物色。ほほう、地デジ対応の大型液晶テレビもここまで値が下がってきましたか… 数年以内には買い換えなきゃな… なんて思いながら十数台並んだテレビを眺めていたら、突然、番組が変わって「みんなのうた」のコーナーが始まりました。

本日の選曲は『おしりかじり虫』(→YouTube動画・リンク先は音量に注意

全てのテレビからこの映像が… もう釘付けです。今も頭の中でこだまするメロディー
おしりかじり虫~ おしりかじり虫~ 

誰か止めて~!

070712_makomi夕食を食べながら勉強会… 今回の会場は伊勢原の中華屋さん『眞好味(マコミ)』です。初めて行ったお店ですが、店の前の歩道も広くて平ら、店の入口にほんの少し傾斜があるくらいで、僕の大きな電動車椅子でも問題なく入店可。キクラゲと卵の炒め物や砂肝の冷製が美味しかった~

でもって、今回のプレゼン主は僕の番。「車椅子でのお出かけ前には」と題して、僕がいつも電車で出かける際に、どうやって目的地&そこまでの経路のバリアフリー情報を調べるか、何に気を付けて調べるか、などをまとめて発表しました。本当は家を出る前に人数分の資料をプリントアウトして持っていく予定だったのですが、印刷の途中でプリンターが反抗期に入り言うことを聞いてくれない。Macの簡易ワープロソフトで作っていた書類を大慌てでPDF書類に変換して事務所にメール送信… 印刷して持ってきてもらっちゃいました。

せっかく誰でも読めるPDF書類に書き出したので、この際ついでに公開しちゃいます。何かのお役に立てれば幸いということで、興味のある方はご参考までにどうぞ。

ダウンロードはこちらから→「odekake.pdf(188kb)」
Windowsの方は右クリック、Macの方はControlキーを押しながらクリックでダウンロードできます。

070711_usoko最近、巷で見掛ける「脳内イメージ」というのをやってみました。名前を入れて、ポン… 接続が多いようでなかなか出てこない… お、きたきた…

ん…? こ、これは…

…思っている以上に乾いて荒んだ人生を送っているとでも言いたいのか!

他にも“Tシャツメーカー”とか“戦隊メーカー”とか名前を入れるだけでいろいろ遊べます。みんなが暇な時間帯は特に接続が集中する模様。気長に、深く考えずに、なんとなく遊んでみて。けっこー無意味に楽しめます。

070706_d903i子供用にDoCoMoの携帯電話を1台買い足しました。いきなり高価な最新モデルを買い与えることはできないので、店頭で「新規1円」の表示がある中から本人希望の物をチョイス… D903iに決定しました。既に904iシリーズが発売中なので2世代前のモデルということになるのですが、このD903iとその後継機に当たるD904iの違いは“体感型ゲーム”の有無だけ!? そんな機能が携帯電話に必要なんか…??

それにしても、この「新規1円」もクセ者!? 登録費用だの何だのって、結局来月の引き落としでゴッソリ何千円も払わされるワケで… そりゃ最新モデルを買えば本体だけで2万円以上するところが1円で済むのは事実だけど。商品を手に取って「これください」と言ってから、契約手続きに進むにつれて「手続き費用に3000円」「○○サービスへの加入が条件なので月々+何百円…」「1年以内に解約すると3000円」「割引は来月から…」って、次々と小出しに言われるのが何となくイヤな感じ。最初にズバッと言ってくれ!

携帯電話の料金体制ってすごく難解なので、時間の無いときに料金表を見せられて説明されても「あ~、もうそれでいいよ…」ってな具合で片付けてきました。でも、家で月々の請求額を見ながらジックリ真剣に検討してみると、実はすーーっごくムダに支払ってることが判明。本当は半額以下で済むんか… 携帯電話界にもケアマネが欲しい。

2007_pbg3-3日記を怠けていた間、地味にコツコツと作業を進めていた“お古”のPowerBook。お古とはいえ、このPowerBook G3/400(1999年モデル:通称“Lombard”)、僕個人としては歴代使ってきたMacの中でも一番のお気に入りです。こいつ、カッコイイじゃん。今は母専用マシンとして働いているのですが、ある日、起動音だけを響かせて危篤状態に… どうやら内蔵ハードディスクが死亡した模様。

2007_pbg3-2早速、ヤフオクで手頃な新品ハードディスクを手に入れ、ついでに以前からバラけていたキーボードも交換するために落札。こちらは既に入手困難だったため、国内品標準物の日本語キーボードは諦め、輸入品らしき英語キーボードを手に入れました。考えてみれば元々ローマ字入力で使っているんだからカナ表記なんてジャマなだけで… むしろ交換してみたらこっちの方がスッキリ見えてナイスな感じ!

交換作業はMacに強いイトコにお願い。何かピンチになるといつも家まで来てもらって助けてもらいます。(てっちゃん、いつもありがとう 慣れた手つきで解体して、いとも簡単に復活! 彼は「プラモデルと同じだよ」って言うけど、どう見ても僕が中学生の頃に作ったザクとは比べ物にならないほど複雑そうに見えるのですが…

で、他力本願は一応ここまで。とりあえず正常に動いてもらうために故障前と同じOS9をインストール… よかった、無事に動いてくれたので他のハードウェアに問題は無かったらしい。取り出してもらった内蔵ハードディスクも修復ソフトを何回か掛けたら無事に外付けディスクとして復活。となると、せっかくハードディスクを元の6GBから40GBに入れ替えたことだし、パーテーションを切って6GBには元のデータをそのまま保存しておいて、残りの大きなスペースにMacOS Xを入れてみることにしました。

2007_pbg3-1このLombardにはFireWireが付いていないため、現行のMacOS X(バージョン10.4:通称“Tiger”)はインストール対象外です。10.2までのOSでは我が家のネットワークに組み込めないし。動作環境ギリギリの10.3(通称“Panther”)ではG3/400というCPUには過酷すぎるかとも思いながら… 思い切ってインスト~ル!
その結果は…

お~、予想以上に快適!

ソフトウェア・アップデートで限界ギリギリの10.3.9まで上げてもモタつくことなく動くし、それどころか主なソフトがOS9の時より快適に動いてる(気がする)。特にインターネットはSafariのおかげで一気に快適になりました。母のデジカメも直接繋いで使えるようになったし、今までのデータもOS X上の同じアプリケーションで使えてるし、良いことずくめじゃ~!

あとは母が慣れてくれれば問題無し。今回は幸いなことに今までのデータを失わずに復活できましたが、今後は定期的なバックアップを忘れずに! ←人ノフリ見テ我ガフリ…ですが。

いや~… まぁ、その… なんですわ。

長いことスッカリ怠けてしまいました。

体調崩してたでもなく、超忙しかったわけでもなく、特別な理由は全く無し。
途中、日記に留めておくべきような出来事も有ったような無かったような…
あえて言うなれば、梅雨の鬱陶しい天気と突然の猛暑の波状攻撃を受けたことで
心身共にダラケ切った状態に陥っていただけ!?

さて、せめて心ぐらいは入れ替えてシャキッとせな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。