なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
080629_nara-1今日は朝5時起床。6時には電動車椅子に移乗して、7時に自宅出発。たぶん最速記録での外出ということになるでしょう… しかも、天気はあいにくのです。

小田原を08:09発の「ひかり403号」に乗って出発! 300系の車椅子用席(11号車12列A&B席)にアメ車をキッチリ幅寄せして… 約2時間後には京都に着いてるんだから驚きです。まだ午前中だよ。いつもなら京都でのんびり昼食、といきたいところですが、そのまま一気に近鉄に乗り換えて、奈良へ…

080629_nara-2今回の旅で面白いこと発見。関東ではJR・私鉄共に乗車運賃の障害者割引は本人+介助者=2名が半額(つまり介助込みで1人分の運賃)が当たり前なのだが(たぶん…)、近鉄で駅員に切符の買い方を尋ねたら「付き添いは何人ですか?」と聞かれました。券売機でマークのボタン(これも初めて見た)を押すと、自動で値段が切り替わるのかと思いきや… 次の瞬間、券売機の横の壁がバコッと開いて別の駅員が出現! 突然のイリュージョンにビックリです。「身障者手帳を拝見」と言われて手帳を見せると、駅員が手動で何やら切り替えて運賃半額に… 本人+付き添い2名=計3名、全員半額になりました。何人まで半額になるのか… ぜひ一度、友達大勢を引き連れて乗ってみたい

近鉄の特急には車椅子対応車両が少なく、特に今回利用した橿原線では全然ダメ。駅のバリアフリー化もずいぶん遅れているようでガッカリ… 西大寺や大和八木といった重要な乗換駅でさえエレベーターが無いので、なかなか思うように簡単には目的地に着けそうにありません。今回は乗り換え無しで行けるように、橿原神宮前行きの急行で1時間ほど掛かって目的地の大和八木駅へと…

080629_nara-3本日の目的地に到着。奈良県橿原市の文化会館です。駅から文化会館までのルートは、僕の高校時代の友人が事前にバリアフリー調査をして詳しく知らせてくれていたのでバッチリ 助かったぞ~、友人! 感謝です。

今日はユウが通う高校の吹奏楽部の定期演奏会でした。まだ入部2ヶ月のユウの出番は… イイんです。元気そうな姿を見られただけで充分。なにより演奏も楽しかったし。昼食べたタコ焼きも美味かったし。蓬莱の豚まんも美味かったし。それから生八つ橋も、京野菜の漬け物も… いえ、あくまでも目的は演奏会です。よかった、よかった。

帰りは京都18:29発の「ひかり428号」、数少ない小田原に停車してくれるひかりでビューーーンと帰宅。夜9時過ぎには自宅に着いていました。よくぞ電動車椅子のバッテリーが保ってくれたと感心 途中、何度も大雨があったけど、僕らが外移動の間は全く降らなかったし。これはよほど僕の日頃の行いが良か… いや、今日はユウの日頃の行いのおかげかな。楽しい一日をありがとう。

スポンサーサイト
080627_school-2「まち歩き」企画いよいよ始動です… 今日は対象の小学4年生と“ご対面”の日。全4クラスを2日に分けて2クラスずつ。まず、今回は3&4組の生徒達と体育館にてご対面イベントです。車椅子2人、視力&聴力それぞれ2人ずつ、作業所からも1組、の障害者スタッフが生徒5~6人の各班に分かれて交流します。

4年生という学年はホドホドに理解力があって、遠慮なんか無くて、好奇心旺盛で、面白い! 不思議に思ったことは素直に言葉にできる。「どうやって動いてるの?」「ここ、触ってるの分かる?」「水はどうやって飲むの?」「このレバーは何?」「なんで首に穴が開いてるの?」矢継ぎ早な質問攻めに答えるのが追い付かないよ~

080627_school-1お互いの紹介と質問攻めの後、障子のような大きなカードを使ってのビンゴ大会です。番号が読み上げられると、パンチやキックでバリバリとカードを破っていきます。神奈川頸損会のイベントではビンゴ運が悪く、いつもリーチばかりで列が揃わない僕ですが… 本日はビンゴの神が降臨!? 次々と当たって1位の「BINGO~!」、周りの他の班がなかなか揃わない中でさらに続けて「BINGO~!」、またまた「BINGO~!」。怒濤の4ビンゴで子供達も大はしゃぎでした。

080626_doorネコが10匹もいる我が家ですが、僕の部屋にはネコ進入禁止です。精密機器が多いし、僕の部屋だけ冷暖房入れてたりするので… 開けたら開けっ放し、のヤツらに自由に出入りされるのは困るのです。なので、いつも部屋の入口の扉に“つっかえ棒”がしてあるのですが…

080626_genkiついにコイツが開け方を会得したらしい。ゲンキ、♂3歳。以前から、時々つっかえ棒を忘れていると扉を器用に開けて入ってきていたのですが、最近は棒をしていても入ってくる!? 部屋の外でカラーンと棒の転がる音がして、やがて扉がガラガラ… と。最初は何かの偶然かと思っていたけど、マグレも5回を超えるとマグレとは思えない。恐るべし、ゲンキ。それだけできるなら、入った後は扉を閉めてくれ。それさえできれば公認で出入り自由にしてやるから…

080625_walk今秋に予定されている「まち歩き」企画の準備として、いくつかのコース案を実際に下見してきました。授業時間内にどこまでなら行って帰って来られるか、の計測調査です。参加する障害者スタッフの中でたぶん一番歩みが遅いのは僕の電動車椅子でしょう… ということで、僕の移動時間を基準値として測定することになりました。

まず、小学校から駅。整備工事を終えた広い歩道を通って川沿いを進み、橋を渡り、スクランブル交差点を渡って、駅へと… 駅構内にはエレベーターや広場へのスロープ、切符売り場の点字表示、音声誘導などのバリアフリー設備が豊富に揃っていて、なかなか具だくさんなコース。僕の電動車椅子では1時間弱じゃ無理かな?と思っていたら、意外にも学校から往復して30分チョットでした。

第2のコース、地元商店街。こちらも歩道のバリアフリー化整備は済んでいるのですが、道幅が狭く、車の出入り用の斜面も多い。おまけに歩道に乗り上げた違法駐車や、建物の工事現場があったりして、予想していた以上に手強い 商店街の中心まで行くには時間が足りそうにないので、そちらを諦めて古い裏通りから学校へ戻り… やはり30分チョット。

第3のコース、学校を出て上記の2コースとは反対に進み、市役所へ。距離的には半分くらい!? なので、役所前にできたコンビニで買い物なんてイベントを盛り込むと面白そうです。歩道も広くて平らで楽ちん。「まち歩き」は何も粗探しが目的ってことじゃないので、こういったバリアフリー化の成功例も盛り込みたい。

ふ~~、なんだかんだで2時間は歩いた!? 電動車椅子のバッテリーも減り始めてきました。バッテリーは減るけど、僕は座ってるだけなので意外と疲れを感じないのですが… ずっと徒歩で一緒にお付き合いいただいた他の皆さんはかなり疲れたでしょ~ お疲れ様でした。

昨日、入浴を終えていつものように電動車椅子に移ったのですが… バックができない。口元のリップスイッチが死んでいるらしい!? ということで、昨日は一日“前進あるのみ”でした。自ら後ずさりはできない、とても前向きな一日。

080613_swichこれが口元に設置されている電動車椅子のアーム部分。よく「それはマイクですか?」と聞かれることがあるけど、音声制御で操作しているんじゃないんです…

長くて白いほうは呼気スイッチです。息を吹いて操作モードの切替を行います。室内モード→外出モード、走行→シート操作、チルト→リクライニング→脚の上げ下げ、などなど。

で、黒い小さいのがリップスイッチ。唇で押すと反応してバックで動きます。ちなみに三面鏡のようなヘッドレストが前進・左右の操作なっているので、このリップスイッチとの組み合わせで前後左右の四方向に操作する十字レバーと同じ役割をしています。

そして、今朝。故障したリップスイッチを交換してあっさり問題解決の予定だったのですが… 車椅子屋のおっちゃん、自信満々に取り出したのはチン・コントローラー(顎で操作するレバー)でした。
「これに付け替えるだけだから、すぐに直るよ」
「いや… あの… 僕の車椅子はヘッド・コントロールなんですけど…」
「…あ…………(沈黙)…」

いよいよヤバくね?

そして本日も前進あるのみ…

最近テレビCMでもお馴染みの、ネットで注文して自宅に送られてくるシステムのDVD&CDレンタル… 僕の場合、全社の無料お試し期間を容赦なく使い倒した結果、最終的に今のところは『ぽすれん』に落ち着いています。各社それぞれ、取り揃えに得意/不得意分野があるようで、自分の好みにあった作品を上手くテンポ良く借りていくにはチョットしたコツが要るようです。ぽすれんの場合、新作と旧作を組み合わせて発注すると良い具合に届くようで…

080612_vol7そんなわけで最近は懐かしいDVDやCDを借りては楽しんでいますが、そこで出会ったのが関西で深夜にやっていた『探偵ナイトスクープ』という番組のDVDシリーズ。視聴者からの依頼ハガキを受けて探偵(芸人)が調査に当たる、という内容。奈良で入院していた頃、よく涙流すほど笑って観てました。今回はVol.7を借りたんだけど、「30代の女性は誰でもピンク・レディーが踊れる?」という調査に大爆笑! ホントに踊れるんだ… 恐るべしピンク・レディー。

ちなみに今までシリーズ中で一番笑ったのは「謎の爆発卵」です。

「障害者の自由な移動をすすめるハンディ・キャブの会」 …福祉車両の運転ボランティアをして下さる、略して“キャブの会”。8月で社協のワゴン車が引退して使えなくなるので、その前に会で積み立ててきた資金で福祉車両を購入しようという計画でした。理想としては、電動車椅子や複数の車椅子を運べるキャラバン/ハイエース級を購入したいところですが、ご予算的に今一歩というところで手が届かないとのこと…

080608_toyota-1昼過ぎから年に一度の総会を行った後、トヨタの営業さんに頼んでラクティス(スロープ式車椅子仕様)の試乗会を行いました。妥協策としては一気にクラスダウン… というか、やっぱりこれじゃダメです。小さめの電動車椅子でも入れない=利用者のほとんどが乗れない。庫内の前後が足りず、ハッチを閉じようとすると背あてや介助用グリップがぶつかって閉まらない。こんなんじゃ本当に乗れる車椅子はあるんですか?? 前モデルのファンカーゴが出たときには「やるじゃんトヨタ!」と思ったのに、なんでこんなことに… 結局会長自らも乗れず、残念ながらコストダウン案は諦めることに。

080608_toyota-2そこで注目を浴びたのが、利用者のM氏が乗ってきた自家用のノアです。僕の電動車椅子ではハッチ開口部の高さが足りず乗れませんが、会長はじめ他の利用者さんには「これなら乗れる」サイズと判明。ん~、なによりこのクラスの車は業務用っぽくなくてカッコイイな~

とはいえ、こちらも会のご予算的には…

そこで、M氏がトヨタの営業マンに一言。
「トヨタは車を売って世界で儲けてるんだろ? 重度障害者(特に頸損?)の大半は車による交通事故が原因なんだから、トヨタにはその人達の生活を支える車を造る責任・義務があるんだよ。」

おーーーーー! 名言です。大変共感いたします。
そういえば、僕を頸損にした車もトヨタのクラウンだぞ。

社協の会議でした。今年度の“福祉指定校”になっている近所の小学校で、この秋、特別授業の一環として「まち歩き」に出掛けるという企画… 車椅子、視力障害者、聴力障害者、の数名と子ども達数人のグループで一緒に小学校の近辺を歩き、町にはいろんな人が住んでいて、それぞれにとって良いこと悪いこともあり、見えるもの感じるものも違ったり… なんてことに子ども達が気付いてくれると良いな~、という壮大なプロジェクトに参加しています。僕的には「福祉教育」とか「障害者とのふれあい」とか、そういう重たいのやベタつく感じのは好きじゃない。そもそも小4の生徒を相手にそんなこと語りかけても押しつけがましい!?と思うし。もっと広い意味で、人と人とは皆違う、違うけど皆一緒に暮らしてる、そんな何かを感じられれば成果有りだと思う。そこから「相手を認め、相手のことを考える」ってことが少しでも芽生えてくれれば素晴らしい! な~んて思っているので。

「人によって違う」のわかりやすいサンプルとして障害者が適任なんじゃないかな。(サンプルなんて言うと他の参加者さん達には失礼ですね…) 今日の会議には車椅子4人、視力障害者&聴力障害者が各1人ずつ。そこには手話通訳がいて、録音機が議事録を記録し、健常者の役員が隣の車椅子の人のページをめくり… 同じ場で同じ議題を話し合うにも、皆、人によってしてることはバラバラ。そんな中、会話の合間に笑いが起こると皆同じタイミングで一緒に笑えるってのが、当たり前と言えば当たり前だけど、ちょっとスゴイことかもしれない!? なんて感じます。

神奈川頸損会の定例総会で厚木総合福祉センターに行きました。総会の前にはロボットアームの体験デモなんかもあって面白かったです。

080601_mini総会が終わった後に時間があったので、サティの8階にあるPOST HOBBYというオモチャ屋さんを覗いてみました。店に入るとミニカーがいーーーっぱい! 何列もある陳列棚を見て回っていたらあっという間に1時間が経っていました。んんん… 手ぶらじゃ帰れん でも、出来の良いミニカーは何千円もするし、欲しい車がたくさんありすぎて1台になんか絞れない。そんな中、気まぐれの無駄遣いで許される範囲内?との決断で、こいつらを一気に衝動買い。ミニのバリエーション勢揃いです! 1台のお値段はトミカより安いのにすっごく良く出来てる。絶妙なカラーにもハマりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。