なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
厚木の総合福祉センターで神奈川頸損会の会合がありました。電動車椅子のバッテリーが弱っているので、帰りの寄り道に備えて会議中は充電器を繋いでおいたんですが… 話し合いが3時間と長引いたのでウロウロするほども時間がありませんでした。

100425_sirokoro通りがかったサティの入口前で、アマチュア(?)バンドのミニライブや地元の名産物販売をやっていました。鮎の塩焼きやB級グルメのシロコロ… ん? シロコロ? 以前から食べてみたいと思っていたので、その場に臨時停車して買ってみることにしました。炭火でコロコロ焼いているのがすっごく良い匂い~ どうせ食べるなら、やっぱり本番で。

初めて食べてみた感想は… そんなに騒がれるほどのモノでもないような。大きいホルモン焼き!? ま、“B級グルメ”に自分が過度な期待を抱いていただけということでしょうか。

スポンサーサイト
100419_baseball良い天気。リハビリ通院から帰宅してきたら、隣の空き地で近所の子ども達が集まって遊んでいました。自転車を道端に乗り捨てて、カラーバットと素手で野球。なんだか懐かしいような、微笑ましくホッとする光景です。

僕は団地で育ったから、放課後はいつもこんな感じでした。最近ってどうなの!? 近所に迷惑だって、公園に「ボール遊び禁止」なんて看板が立っている… 危険だからって、ブランコが、登り棒が、鉄棒が消えていく… じゃ、子ども達はどこで何して遊べばいいのやら。

ケガして痛い思いをすれば次から注意する。迷惑を掛けて怒られれば社会性を学ぶ。身を以て学ぶ機会も必要なんじゃないかな… で、体験してからじゃ手遅れになってしまうような「本当にやっちゃいけないこと」だけは大人が教えればいいじゃん。

100418_baby弟の家族に新メンバー誕生。
生後5日目の赤ちゃんです。
僕のベッドを横に使って寝せてもこの余裕… 小さ~い!

今後ともよろしく。

2010nodame2今週も映画を観に行きました。年末に観た『のだめカンタービレ最終楽章』の“後編”です。本日より上映開始。今回はいつもの平塚の映画館に行きましたが、ここんとこ人気作品が多いせいか、いつもより人がいっぱいでした。ロビーに入った途端、ん? トイレ匂い? と、思ったのですが… ポップコーンがいつもより大量に作られていたようで、甘い匂いとしょっぱい匂いが極度に入り混じって変な匂いが充満していた模様。うっ、気持ち悪い…

“前編”を観た時も思ったけど、舞台になっているパリの町の景色や、全体を通して流れているクラシックの数々の名曲のおかげで、単なるお笑いドラマとは違った気分で観れる映画でした。物語の後半は最後のまとめとあって、音楽の頂点を目指す人達が乗り越えなければならない“壁”に苦悩する様子もマジメに描かれていました。その分、今までより笑いの部分は少なかったような。シンセを並べてピコピコとデジタル音楽を作るのとは違う領域の話しなんだなぁ、と思って観ていました。

関係ないけど、昼食にモスバーガーで食べたとびきりハンバーグサンド「チーズ」がメチャクチャ美味しかった! そこらのチーズバーガーとは別格。また食べたい。

100411_district9急な思い付きで『第9地区』を観に行きました。テレビCMで気にはなっていたんだけど、俳優も監督も有名人じゃないようだし、もしかしてB級映画?的な匂いが… ところが、某テレビ番組で取り上げられていたのを見たら、アカデミー賞にもノミネートされているマジメな作品だと言うじゃありませんか。それじゃ、やっぱり観てみたいということになり、父と親子で映画鑑賞。

いつもの平塚の映画館では上映されていなかったので、久々に小田原のTOHOシネマズに行きました。今日は天気予報によると夕方から雨ということだったので、建物内に車椅子用の駐車場が確保されているのも好都合。でも、僕はこの映画館があまり好きじゃありません。問題は上映室内の車椅子席の配置場所です… 今回の上映は「SCREEN2」なので、前から3列目の右端。僕の電動車椅子はリクライニングがあるから良いようなものの、鑑賞スペースに車椅子を横向きに停めてスクリーンを見上げるような位置です。スクリーンが菱形に見える~(それでもココよりはマシ)

CGや特殊メイクにも凝ったSF映画ではありますが、現実に有り得なくもないような仮想のドキュメントという内容でした。話しの舞台が南アフリカというところが意味深です。宇宙人ものというと“侵略”とか“攻撃”とか、あちらが絶対的に優位な場合が多いように思いますが、この映画では宇宙人が難民。不意打ちでした。人間は自分が優位に立つと怖い生き物なんだなぁ、と考えさせられる映画です。人間が違う生き物に変異していく映像は、昔観た『ザ・フライ』を思い出して若干キツかったけど… CMでの印象より、意外と深い映画でした。

100409_sakura本日も神奈リハに行ってきました。ようやく来た春の暖かさに七沢の桜もまさに満開です。今日は毎月の定期通院だったのですが、ウッカリ予約を取るのを忘れていて、急きょ飛び入りで薬だけもらってきました。ついでに入院中の知人を訪ねたり、お世話になった職能科に顔を出したり。

さて、昨日の話しに続き「社会参加」とはなんぞや、と…

人間誰しも、そこそこ大人としての自覚を持って生きるようになってくれば、社会の役に立って生きたいとか、社会の一員たる責任とか、少しは考えるようになるもんだと思う。僕は前回車椅子を作る際に、市役所の担当者から「村上さんは何か社会参加してますか?」と問われて、「人並みに家の周りを散歩することは社会参加とは言わんのか!」と激怒した。まだ二十代の頃。若気の至り。でも、昨日も書いたとおり、自分の障害に必要な車椅子がなければ、家の周りどころか、ベッドからだって出られない。僕は高額な電動車椅子を作ってもらえたおかげで、選挙にも行けるようになったし、神奈川頸損会のお役にも立てるようになったし、仕事に就くこともできました。一応、社会人としてするべきことができるようになってきたので、ここ数年は福祉関係の研修等で呼ばれれば苦手な人前に立つことも引き受けるようにしています。当時の担当者は、こういうことを答えに求めていたのだろうか…

だとすれば、やっぱりハードルが高い気がする。今日も病院には障害を負って日の浅い患者がたくさんいたけど、ある日突然、事故で、病気で、健常者の頃の普通の自分ではなくなった時に、誰だって「社会」なんて考えてる余裕はないと思う。自分と向き合うだけでもやっとな時に、それに必要な車椅子を作るのに、「社会参加してますか?」はどうだろう… せめて初回は無条件で、医学的に必要とされるだけの車椅子は作るべきだと思う。2台目以降を作る際には判定会があってもいいかな… でも、だったら判定会は障害のレベルに関わらず全員に課すべきじゃない? 高額な電動車椅子を必要とする人だけが「社会参加」というハードルを課せられるのは、やっぱりおかしいと思う。
今使っている電動車椅子も作ってから既に9年が経ち、あちこちガタガタになってきました。制度上、電動車椅子の耐久年数は6年とされています。人によって使い方が違うでしょうから、この数値が妥当かどうかも疑問ですが… 

今の車椅子を作る際に、タフなアメ車なら10年、20年は使い続けられるんだろうと信じていました。ですが… 国内でのアフターケアが行き届かない。輸入元のサポート態勢が悪い。このパワフルな電動車椅子のおかげで活動範囲が広がった反面、故障が多いくせに修理の度に苦労させられてきたのも事実です。需要の少ない品だから仕方ないか… いやいや、単なる機械部品じゃなくて体の一部を取り扱っているんだという自覚を持ってやってくれないと困る。金儲けの対象として売買するような品じゃないでしょ。

で、ボチボチ新車への乗り換えを検討しなければならない時期かと。残念なことに、現状の機能を備えた電動車椅子は未だに国内では生産されていません。(厳密に言えば無いこともないのですが、コストやサポートの面でまだ非現実的?)ここ数年、情報収集を怠らずしてきたつもりですが、結論として現状での選択肢は2つしかありません。今使っているInvacareか、Quickie。前者はこの9年の経験から「もう無理」なので、後者の可能性に賭けてみるしかない!? なぜか県内ではユーザーが少ないQuickieですが、都内のアクティブな頸損者にはユーザーが多い。

408_hantei本日、そのQuickieへの乗り換えを前提に判定会が行われました。この電動車椅子が僕に本当に必要な物なのか?を判定する会… 誰が? 医師、車椅子の専門家、県と市の担当者。とはいえ、医学的に必要なことは既に9年前にお墨付きをもらってます。要は、県と市がお金を出してくれるか否かということ。開き直るわけじゃないけど、障害が重度であれば、それに必要な車椅子も機能が増えて高額になります。でも、判定のポイントとなるのは「社会参加」だそうです。基準額以上に高額な車椅子を作るためには「社会参加」してなきゃダメなのです。ということは、障害が重いほど、いっぱい「社会参加」していなくてはならんと…? ちょっと待って。そう言われても、まず車椅子がなければ社会参加も何もベッドから出ることすらできませんぞ。医学的に必要だと認められているのだから、制度の基準のほうを見直してもらうことはできんのでしょうか。

昨夜の風雨も凄かった! またしても家が根こそぎ飛んでいくんじゃないかと、怖くて不安で落ち着いて寝られない… おかげで、なんだか寝不足です。ボーっとしたまま朝を迎えながら、ヘルパーさんが来ていつものように起床介助をしてもらっていると…

100402_rain「大変! 雨漏り?」とヘルパーさんの悲鳴。パソコンデスクの下に水溜まりができてる~ でも、天井に雨漏りの様子は無く… 水溜まりの水源を辿ってみると… 原因は窓。あまりの強風に雨がテラスを越えて窓に叩き付けられ、レールの溝に溜まった雨水が中まで染み込んできたらしい。大慌てで周囲の物をどけて、バスタオルや吸水シートで応急処置してもらいました。
100402_seesaa
…が、そもそも家の修繕が必要な時期に来てるのかもしれない。おまけに温暖化の影響とやらで、温暖湿潤気候とか熱帯雨林気候とかいう境目がズレてきてるんじゃないだろか。修繕ついでに、我が家の屋根にも沖縄みたいに守り神を設置するべきか。強風から我が家を守ってほし~さ~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。