なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
120930_news.jpg本日発売の英字新聞『The Japan Times』に僕の写真が載りました。

といっても、僕が取材を受けたわけではありません。在宅勤務を取り上げた記事に勤務先の会社が取り上げられ、その勤務風景の写真としてインパクトの強い(?)僕の写真が使われた、というだけです。

http://www.japantimes.co.jp/text/fl20120930x3.html
スポンサーサイト
お台場のビッグサイトで開催中の国際福祉機器展に行ってきました。我が家のリフト付きキャラバンも15年を過ぎたところ。今夏に久々のフルモデルチェンジを迎えた新型キャラバン「NV350」のリフト付き福祉車両が展示されるというので、今年は福祉車両を重点的に見てきました。

さらに、数日前に知人からの情報で、新型バネット「NV200」にもAWK製の特装車用ベース車両としてハイルーフ仕様が存在すると聞いていたので、そのカタログも持参して行きました。

まずは期待のリフター仕様のNV350… さかのダメっぷりに困惑です。
120926_caravan.jpg
・後部ハッチのガスシリンダーが無くなっていて
 十分な高さまで開口できない。
・床中に電動車椅子では使えない固定用具が隙間無く
 並んでいて標準外サイズの車椅子を固定できない。
・スライドドアの開口部をハイルーフまで取ったため
 両サイドの天井窓排除。
・しかも400万円を超える価格…

あらゆる意味で、介助者重視、施設重視… 電動車椅子の個人ユーザーは全く視野に含まれていないようです。個人購入に限らず、これがタクシー車両として市場に普及すると多くの電動車椅子が利用できなくなるため、大問題! 偶然、その場に介護タクシーの人もいたので声を揃えて改善を求めてきました。

120926_serena.jpgAWK製のNV200ハイルーフに他社製リフトの組み合わせることを想定して、リフター・メーカーが出展していたノーマルルーフのNV200バネットにも試乗してみました。特装車用ハイルーフ仕様とはいえ後部ハッチはノーマルのままらしいので、リフトを後付けするとこれと同じ開口部の高さは120cm程。となると、乗車はフルリクラニングで… と思いましたが、それでは長さが足りず足先がバンパーに当たってしまいます。

メーカースタッフの提案で「後ろ向きなら?」ということで、バックでリフターに乗りフルリクライニングで乗車しました。(後ろにならいくら足がはみ出ても大丈夫)←でもないですよね。(^^;) 室内高175cmのハイルーフ車なら乗車した後にその場でターンすれば通常どおりの乗車が可能かもしれません。

ただし、他社製リフターで耐荷重200Kgを越えるものは車内までリフターを引き込むタイプではなく、外でリフターを上げた状態で車椅子を車内へ移動させるタイプなので、フルリクライニングで視界の無い状態での操作はあまりにも危険すぎると思います。その動作を介助で、というのも同様に危険なうえ負担が大きそうですね。

120926_serena_slope.jpgスロープ仕様も想定して、オーテック製のNV200バネットのスロープ車にも試乗してきましたが、やはり開口部の一番低い部分はおでこギリギリしかなく、ほぼフルリクライニングの状態で辛うじて乗れるかな… というところ。こちらもハイルーフ仕様であれば、開口部をクリアさえすれば通常どおり乗車が可能?かも。でも、スロープ仕様車って、思っていた以上に乗降に要するスペースが必要なようで、駐車した後ろに5mは必要?となると使える場所も限られてくるんじゃなかろうか…

また、特装車のNV200をベースに他社製のリフターやスロープを取り付けるとなると、そのお値段も相当なものになるかと… メーカーで販売されている既存の福祉車両より高価になるようでは、そこまでする価値があるのかどうか。

結果的に、改めて乗ってみた既に発売中のハイエース(リフター仕様・ロングボディ)のほうがいろいろ気に入らない点はあるものの、残念ながら最も現実的に使えそうな選択肢なのかな、と…
・天井窓付きで350万円
・リフター耐荷重250Kg
・取り回しの良いショートボディ
・中列に乗ると前列と後列の固定器具を工夫して固定できる。

長年の日産ファンの僕としては淋しい限りの結果でした。今の我が家のキャラバンがいつまで乗れるか、もう暫く限界に挑戦しようと思います(笑)
暑さ寒さも彼岸まで、と昔の人が言ったらしいけど… まさに。昨夜から急に涼しくなって夜は寒かったぐらい。こうやって突然季節が変わるから、風呂の湯温を何度にしようとか、今日の外出は何を着るべきかとか、頭を悩まされます。心も体もまだ夏モードやっちゅうに。

今日と明日は秦野のビッグイベント「たばこ祭」です。なんか今年は早いなぁと思っていたら… 毎年9月最後の土日に開催するもんだと思っていたけど、正しくは第4土日の開催だったらしい。

入浴後に出掛けてきました。悩んだ末に日中はまだ夏の恰好で良かろうと決断。正解でした。ユウが鼓笛隊のパレードでスネアを叩いているのを見て、次は昼食。

訪問看護師さんの情報で「和洋中、何を食べても美味しいよ!」と聞いていた『TAKANAMI』に行ってきました。僕が注文したオムライスはトロ?リ卵にチーズも溶けていて… これが本当に美味しい! 隣で母が食べていた刺身も美味そうだったし… ですが、ですが、僕には量が多すぎて、申し訳なかったけどオムライス半分でギブアップしてしまいました。(ちゃんとお持ち帰りにパックに入れてくれました。ありがと〜) 次回はもっと空腹にして、さらに助っ人を従えて再チャレンジしたいお店です。

120922_tabaco.jpgで、たばこ祭。今年は露店だけでなく道のあちこちで大道芸(ほとんど猿回し?)が人を集めていました。僕が子供の頃は飴細工のおじさんの華麗な技に夢中でしたが… 今ドキはイケメンお兄さんがハウスミュージックに合わせてバルーン芸を披露して子ども達を夢中にさせていました。syanさんというそうで、ミッキーやドナルド、目玉親父、そして最後のドラゴン… プードルを作って配ってる従来のバルーンとは桁違いだったので大人の僕もビックリでした。→Youtube動画

120919_kenshu1.jpg来月の“まち探検”に先立ち、スタッフとなる大人のための事前研修として車椅子の講習会がありました。メインとなる講師は大先輩にお任せして… 僕は「こういう電動車椅子もあるんですよ」的な生身の参考資料として参加。それにしても、さすが先輩! 話がよく脱線するけど(笑)聞く人のハートをガッチリ鷲掴みじゃないですか。ん〜、真横で見せていただいて大変勉強になります… φ(. .)メモメモ

120919_kenshu2.jpg社協が10台も車椅子を用意してきてくれたので、参加した人全員が交代で実際に車椅子の操作と介助を体験できたようです。本当は本番のコースをみんなで下見する予定だったのですが、空の雲行きが怪しかったのでアーケードになっている近所の商店街をみんなでウロウロしてきました。

最近では映画館のバリアフリー化も進み、見たいと思った映画はだいたい観られるようになりました。それは十分にありがたい世の中なのですが、ここまで来たのだからこそ、ここであえて一言…
120910_ebina.jpg
もうちょっと場所を考えて〜 

昨日映画を観た部屋では車椅子席が最前列の左端でした。僕の電動車椅子はリクライニングができるので、思いっ切り背を倒せばなんとかスクリーン全体を視覚に収めることができましたが、目の前に壁のようにそびえるスクリーンは遠近法が効いて台形に見えます。

これって普通の車椅子の人だといくら首を見上げて鑑賞しても全体は見えてないんじゃないかな… せめて、こういうテーマの映画の時ぐらい、できればもう少し観やすい部屋で上映してほしいと思います。
今日はいつものリハビリ通院の予約が取れず都合良く時間が空いたので、ヘルパーさんの予定を変更してもらい、どうしても見ておきたかった映画『最強のふたり』を観に行ってきました。

120910_saikyo.jpgすっごく良い映画でした!

フランス映画って難しかったりウルウルさせられたりするのかなぁ、と変な先入観を抱いていましたが、サッパリと楽しく、とても気持ちの良い映画だと思いました。

残念ながら、僕の耳には音を聞く機能しかなく、主人公のような楽しみ(あんなの初めて聞いたけど…笑)は味わえないのですが… 頸髄損傷についても結構リアルで、それだけに笑えるシーンも満載でした。関係者の皆さん、オススメですよ!
先日、会長のパシャイさんが日本に帰ってきた(ん、逆?)際にお土産を持って遊びに来てくれて、その場でのお誘いを受け、本日、ミントの会の活動報告会にオジャマしてきました。口約束だけだったので「ホントに来ちゃったけど」とコソコソ…

120909_mint.jpgパシャイさんがイランに帰っていた間(やっぱり、こっちが“帰る”?)に現地で行ってきた活動をスライドで紹介してくれました。話しでは聞いていましたが、今の日本では考えられない惨状に衝撃を受けるばかりです。患者本人や周囲の人々に十分な知識や情報が与えられていないせいで、未だに頸髄損傷者が受傷後に床ずれや尿路感染で命を落としているとのこと。せっかく事故から一命を取り留めた人たちが些細な注意不足で亡くなってしまうというのは、あまりにも残念で残酷です。

そんな現状に一石を投じようというミントの会はすごい! 非力ながら僕にも何かできることはあるのかな… 今後の活動を応援していきたいと思います。
ガリガリ君にコーンポタージュ味って…

120904_garigari.jpg120904_corn.jpg

発売前のニュースを聞いた時は「ありえへんやろ〜」としか思えませんでしたが…

発売初日の一昨日、子供が買ってきてくれたので味見させてもらうと、なんと! かなり美味しかったです! 高級スイートコーン(ってある?)の甘さというか、カットして上品なグラスに盛ってあればコース料理の前菜に出てきてもOK、というぐらいよく出来た味でした。

売れすぎて一時販売休止になってしまったとか。発売再開が楽しみ?
「真ちゃんはもちろん『ひみつのアッコちゃん』観に行くんでしょ?」
「ん? ん…うん… 行こうかな…」

はい、たしかに綾瀬はるかファンです。スーパーマリオのTVCMが始まると家族から「真ちゃん、ガン見してる」とのご指摘を頂く今日この頃。だって、かわいいじゃん。

120902_acco.jpgとは言え、原作のマンガは当時女子が見るもので男子の僕らには無縁だったし、正直それほど興味もなく軽い気持ちで観に行ったのですが…

予想外(?)に面白い作品でした。主演の魅力はさておき、これをハリウッドやディズニーがリメイクしたら凄い名作になりそう!「仕事とは」「ズルはダメ」という教訓っぽいテーマも含まれていて、お子さまにもオススメできる映画だと思いました。

“鏡の精”がオジサン(よりによって香川照之)というのがシュールで笑える〜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。