なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
130318_setting.jpgこの週末、新車に乗って実際に生活してみたところ、外出が好感触だったのに対し、室内での使用には問題山積み。モニター画面が見えていないと全く操作できないので、テーブルに入ってのパソコン操作ができません。室内用の超低速設定でのターンやバックの減速率もダメダメ。動く度に再び大惨事を起こしそうでドキドキハラハラです。

これではあまりに使えないので、業者の担当者を呼んで通院時に診察の合間の時間で設定を再調整してもらいました。電動車椅子にノートPCを繋いで設定値を変更… F1のパドック風景みたいだけど、あんなふうには上手くいかないのです。

スポンサーサイト
130316_new.jpg月曜日、いよいよ新車QuickeeのQM-710が納車となりました。といっても、まだまだ到底使える状態ではなく… 暫くは週末だけ乗ってみて、問題点を探ってみようと思う。

そして、本日、午前の入浴後に初乗車。重度訪問介護の研修を受けている実習生が来ていたので、近所の食堂まで移動介助と食事介助の実習を兼ねて出掛けてきました。

中輪駆動の6輪のおかげか、脇腹付近に体幹保持のサポートを付けてもらったおかげか、凸凹や横斜面での走破性はかなり向上しています。外出にはとても良い感触。乗車位置が以前より若干前になるため、方向転換時に違和感があるけど、その場でクルクル回れる感じは狭い場所でも小回りが利いて便利です。

130316_jimny.jpgと、ここまで何事も無く順調にいったかというとそうではなく… たまたま来てくれていた実習生が、本業は車修理屋さんということでメカに強く、本当にお世話になってしまいました。ヘッド・コントローラーの位置調整やら、キャラバンでの固定テストやら、何から何まで手伝ってもらっていました。

毎年、小学校4年生と「まち探検」で関わってきましたが、ついにその子達が中学生になったということで… ステップアップ企画として、中学校の福祉教育で講師を務めてきました。

130313_honcho.jpg小学生の頃は遠慮無くワイワイ群がってきて素直な質問をぶつけてきたのですが、中学生になると遠慮や照れが出てくるせいか妙な距離感を感じます。こちらの緊張が伝わってしまったのもあるかもしれません。こちらから質問を投げかけてもシ~ンとして盛り上がりません。

自分一人が前で話していても空気が固いままなので、接近戦に持ち込んでみました。広い教室だったので机の間をぬって大きな電動車椅子でウロウロし始めると…
元気な体育系の子達が「すげ~」とか言い出しザワザワしてきました。作戦成功!

最後に「何か質問は?」と聞くといろんな声が出てきました。小学生の頃は「どうやって動いてるの?」とか「どうやって食べるの?」とか質問がシンプルだったのですが、中学生にもなると質問に答えるのも一言では片付けられません。

「障害を負って一番ツラかったことは何ですか?」
「福祉の制度で困っていることは何ですか?」
「将来やりたいことはありますか?」

「よっしゃ、じゃ~、今から授業を延長してもう一時間喋りましょう!」
130307_photo.jpg親会社の会社案内で障害者雇用を紹介するということでモデルに選ばれました。プロのカメラマンさんが自宅に来て勤務風景をバシバシ撮影。

この至近距離で
「お、いいよ〜… はい、そこでもう少し笑って」
「もっとニコニコしちゃおっか〜」
「はいそれ、いいね〜」

連射のシャッター音と大きなフラッシュの中で緊張に引きつった笑顔を作っていましたが、これに慣れることはできなさそうです。けっこうシンドかった。
被災地ボランティアに行っているユウから1枚の画像が届きました。
買ったばかりのiPhone5でグル〜っと周囲のパノラマ写真。
2年経ってるのにまだこんな… 絶句です。 

130306_miyagi.jpg


昨日の卒業式の帰り、モスバーガーで昼食していたところ、カウンターの奥でドライブスルーの客と店員のやり取りが耳に入ってきました。

「コーヒーとエビフィレオをください」
「え〜っと、エビフィレオは…」

客は誰かに頼まれて買いに来ているらしく、メモ書きを読みながらひるむことなく「エビフィレオ」を連呼(笑)

「エビフィレオはマクドナルドさんの商品なので当店では取り扱っておりません」

キッパリ言い放った店員に拍手。店のマークはどちらも「M」ではあるけど、だいぶ違うんでないかい?
130301_guraduate.jpg3月1日は神奈川県内の県立高校が揃って卒業式。
いよいよカヨも高校卒業です。

今ドキの卒業式では「蛍の光」も「仰げば尊し」も唱いません。キロロの「未来」という歌を生徒が斉唱していました。知らない歌ではなかったけど、改めてこういう場で歌詞を見ながら聴くととても良い歌じゃありませんか。時代と共に“定番”は変わっていくものなんだね…

生徒達の制作委員会が作ったというスライドがステージ奥の壁一面に映し出され、3年間の高校生活をザックリと見せてくれたのも良かったです。高校にもなると学校行事もそうそう見にも行けないので、修学旅行や体育祭の楽しそうな様子が見れて安心しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。