なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13日に丹沢レジでビデオを見てきたことは書きましたが… そのビデオの次回作として我が家の“在宅生活”が紹介されることになりました。20日の「車椅子で住む家」でも書いた通り様々なカラクリを装備した家なので、これから家を改装・新築するという人には見て参考にしてもらえるのではないかと思うのですが…

0606628_sakurada-10606628_sakurada-1今回は撮影前の下見ということでうちにに来てもらいました。制作者の桜田さんは自分で車を運転して、家の前の駐車場で車椅子に乗り換え、自動扉やエレベーターのボタンも自分で操作して僕の部屋まで来ました。こうして書くと簡単なことのようですが、車への乗降や、自力で車椅子を漕いで坂道を登ってくるなんてことは容易なこととは思えません。
僕の場合は電動車椅子やリフト付きワゴン車を使っているので見るからに“大変そうオーラ”は出ているようですが、実は僕本人は何もせず座っているだけです。何事においても“全介助”なことが多いので、介護する側の人達が見れば何か参考になることもあるのかもしれませんが、障害当事者が見ると「やってもらってるだけじゃん」な映像になるんじゃないかと、チョット不安だったりします。

僕から見てると、自分でサラっと何でもこなしている桜田さんの方が価値のある映像になるんじゃないかと思うのですか… 次々回作は是非ご自分を題材にいかがですか、桜田さん?
コメント

「やってもらってあたりまえ」ですから。
人の権利として。
介助は自分の動きの一部です!!。
2006/07/06(木) 09:42:39 | URL | ジャイ #-[ 編集]

当事者本人から大声で言うのには勇気がいる一言ですね。v-12
「自分の動き」のために他人を使う → 感謝の気持ち → 恐縮 → 言いたいことを言えない、というのは良くないことだと思っています。お仕事できてもらう以上は正しく「自分の動き」をこなしてもらえるように、時には「言う勇気」も必要ですよね。
2006/07/08(土) 19:26:21 | URL | しんちゃん #gHJdPF26[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantonakunikki.blog70.fc2.com/tb.php/12-5ad468dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。