なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社協の会議でした。今年度の“福祉指定校”になっている近所の小学校で、この秋、特別授業の一環として「まち歩き」に出掛けるという企画… 車椅子、視力障害者、聴力障害者、の数名と子ども達数人のグループで一緒に小学校の近辺を歩き、町にはいろんな人が住んでいて、それぞれにとって良いこと悪いこともあり、見えるもの感じるものも違ったり… なんてことに子ども達が気付いてくれると良いな~、という壮大なプロジェクトに参加しています。僕的には「福祉教育」とか「障害者とのふれあい」とか、そういう重たいのやベタつく感じのは好きじゃない。そもそも小4の生徒を相手にそんなこと語りかけても押しつけがましい!?と思うし。もっと広い意味で、人と人とは皆違う、違うけど皆一緒に暮らしてる、そんな何かを感じられれば成果有りだと思う。そこから「相手を認め、相手のことを考える」ってことが少しでも芽生えてくれれば素晴らしい! な~んて思っているので。

「人によって違う」のわかりやすいサンプルとして障害者が適任なんじゃないかな。(サンプルなんて言うと他の参加者さん達には失礼ですね…) 今日の会議には車椅子4人、視力障害者&聴力障害者が各1人ずつ。そこには手話通訳がいて、録音機が議事録を記録し、健常者の役員が隣の車椅子の人のページをめくり… 同じ場で同じ議題を話し合うにも、皆、人によってしてることはバラバラ。そんな中、会話の合間に笑いが起こると皆同じタイミングで一緒に笑えるってのが、当たり前と言えば当たり前だけど、ちょっとスゴイことかもしれない!? なんて感じます。

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantonakunikki.blog70.fc2.com/tb.php/263-dd1aa61e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。