なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、2ヶ月ぶりに散髪に行ってきました。秦野駅南口にある『NAIVE』という店… 開店当初から車椅子客の利用を想定してくれていて、僕の大きな電動車椅子で行っても店の中での移動は楽々です。鏡の前のシートが備え付けではなく可動式なので、僕が行く時はシートをどけてもらって車椅子のまま鏡の前に入ります。特別な設備が有るわけではなく、極々自然な対応… これ見よがしに「ハートビル法認定」なんて掲げるどこぞの某有名大型店舗には見習ってもらいたい。(要は“心”なんじゃ

060726_summerhead今回は夏向けにかなり短くしてもらいました。基本的にいつも短めにしていますが、いつもより思い切ったつもりです。「白くなるまで刈って」との注文通り仕上がったと思うんだけど、切ったご本人曰く「まだまだ甘いな…」と。
カットの終わりに合わせ鏡で後ろの様子を見せてもらったのですが、生え際周辺の湿疹が自分の想像していた以上にヒドイのにビックリ! やっぱり髪は短くして風通しを良くしておかないとダメらしい…
コメント

私も先日、行ってきました。
しかも超・衝動的に行ったのに、岩田さんにばったり!
地元生活者だなぁとしみじみしています(w

あのお店はホントに
段差もなくって、無理な導線もなくって
ちゃんと考えてありますよね。
VIVA☆NAIVE!
2006/08/09(水) 23:50:41 | URL | ワカナ #n3C3tgxw[ 編集]

髪を切りに行くとき、電動車いすだと、入れるお店、見つけるのに苦労することって、ありますよね。
段差などないことはもちろん、店員さんの自然な
気配りは、うれしいですよね。
ハートビル法とかで、最近は、どこのお店の駐車場も車いすマークのスペースがありますが、あの車いすマークのスペースを利用できる対象の人って決まっているのでしょうか?最近、近所のスーパーに
買い物に行ったときの出来事・・・・。私は車いすマークのスペースに車を停めたとき、もう一つのスペースに、いかにも元気そうなヤンキー風の30代主婦が停めました。あまり、気にはとめていなかったのですが、買い物がすんで、車に戻ると、そのヤンキー主婦も、ちょうど車に戻ってきたところでしたので、私は思わず、「そこ、車いすマークのスペースですよ。」と言ってしまいました。今まで、そんなこと、人に注意などしたことは、なかったのに、夏のあまりの暑さのせいだったのでしょうか・・・口から言葉が出てしまいました。そしたら、そのヤンキー主婦に車の中から思い切りガンをつけられたので、私もいい大人なのに、「腕力じゃ負けないわよ!いつでもかかってきなさーい!」という気持ちをこめて、目を合わせました。
で、もしも、そのヤンキー主婦が周囲にはわかりづらい内部障害(心臓、腎臓、呼吸器、直腸、免疫)などの機能障害があって、車いすマークのスペースを必要としていたとすると、注意してしまった私が悪いのです。とちょっと心配・・・。そのヤンキー主婦が心身ともに元気であることを祈るばかりです。
そのときの教訓は「車いすマークのスペースに誰が停めようとも、注意などしてはいけないわっ!」です。車いすマークのスペースは、みなさんで、譲り合って使いましょう。(無難な答えですね。)
コメントを書く欄なのに長々と、失礼いたしました。

2006/08/16(水) 17:37:08 | URL | ジャイ #-[ 編集]

注意しちゃってもいいんじゃない?
対象者の定義があるとすれば「身障者手帳を所持する者」ぐらいなもんなのでしょうけど、それを周囲に伝えるのは車椅子マークのステッカーであって、最低限それを付けてない車は停めるべきじゃないと思います。仮にそのヤンキー主婦(以後「奥サマ」とする)が何らかの身障者だったとしても、ステッカー付けてなかったんでしょ? 表示手段を拒否しといて使えるものは使うってのもワガママな気がします…
ってか、その奥サマが本当に身障者だったらたぶん正当性をアピールして襲いかかってきたんじゃない?(^^;) ん~、見てみたかったな~、ジャイさんの右ストレートが奥サマのボディーに炸裂する瞬間。(笑)
2006/08/17(木) 18:22:02 | URL | しんちゃん #gHJdPF26[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantonakunikki.blog70.fc2.com/tb.php/29-2b865710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。