なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年2回、ちょうど彼岸の頃になると、我が家から見える角度で富士山のてっぺんに夕日が沈むのが見える… ハズなのですが その光景に出会えたことがあるのは今までにほんの数回だけ。お彼岸が近くなると、その“ダイヤモンド富士”を狙ってカメラを用意して夕方を待つのですが… 付近の数日は晴れていても、なぜかその当日だけがなかなか天候に恵まれないことが多いような気がします。

100921_fuji21日の夕方。

たぶん、この日がド真ん中に沈んでいたのだと思うのですが… 夕方まで残ってしまった薄い雲に邪魔されて、うまく太陽の形が分からないまま日没を迎えてしまいました。光がぼやけていて“ダイヤモンド”と呼べるほどの輝かしい光景ではありませんでした。残念。

100922_fuji翌22日。んんん… 

今度は太陽の形はよく見えていたのに、頂上付近に溜まってしまった雲のせいで富士山のシルエットがきれいに分からない… 日が沈んだ位置が、てっぺんなのか、中央より若干左寄り!? これまた惜しいところで残念!


100924_fujiそして、昨日・今日と天気が崩れて、こんなに寒々しい姿の富士山になってしまいました。昔から“暑さ寒さも彼岸まで”とは言われていますが、何もここまで急に終わってくれなくても… 一昨日まで27℃の冷房運転だったエアコンが、今日は24℃で暖房運転です。今年は6月頃に「暖房→冷房の間が1週間しかなかった!」と騒いでいたけど、その逆はたったの1日!

一気に20℃近く気温が下がるなんて、頸損の体じゃついていけませ~ん! この気温差のせいか、台風接近の気圧のせいか、今朝の排便が快調すぎたせいか、朝からメマイがひどくて一日中クラクラでした。 本当は来客の予定があったのだけど、その人も頸損なのでキャンセルになりました。そりゃそうだよね。お大事に…
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantonakunikki.blog70.fc2.com/tb.php/453-e2cdc7a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。