なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
110116_yamato先週、海老名の映画館で『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観てきました。今までアニメを実写化した映画にいくつも裏切られ「もうアニメの実写版は観ない」と心に決めていたのに、テレビのPR番組を観ているうちに期待度が高まってしまい… あの豪華な俳優陣でショボイ映画なハズがない… 最初から別物の映画と思って観ればきっと良い映画に違いない… なんか、いろいろ自分に言い聞かせていたけれど、結局はCGで描かれたヤマトを見たいだけだったのかも。

で、観た感想は… CGのヤマトはカッコ良かった! やっぱり見所は地球から発進の場面。逆にスターウォーズでトランスフォーマーなCG版アナライザーには爆笑。エンディングにアルマゲドンちっくな主題歌が流れて… あ、思えばアルマゲドンっぽい映画だったような気もする。物語を通してキムタクのPVみたいだったし。別物と覚悟していたつもりでも、何か大きなところを裏切られた気がしてウ~ンな感じでした。

今さら原作のアニメと比べて云々言うのはナンセンスとは思いながら、この週末は昔のアニメ『宇宙戦艦ヤマト』を全話一気に観てしまいました。考えてみればリアルタイムに観ていたのは小学生の頃だし、実のところストーリーはほとんど記憶にない… 自分の中では三段空母とかデスラー艦とか、登場するメカにばかり記憶が偏っていたような。改めて大人目線で観てみたら、人間ドラマ的には原作の細かい所を忠実に拾って作られたなかなか良い映画だったのかも? 
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantonakunikki.blog70.fc2.com/tb.php/477-b85f644f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。