なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい電動車椅子を作るための自宅デモを行いました。昨年の春に話しを始めたのですが、夏頃に業者の担当者が急病で倒れて入院… そのまま話しが中断していました。これではイカンということで、最近になって病院のソーシャルワーカーも交えて話しを再開。とりあえず、機種やコントロールデバイスなど具体的な選定だけでも進めておくことにしました。

110216_elevatorまず、今回のデモの検証課題は2つ。

前回の自宅デモで最大の問題となった電動車椅子の長さ… Quickieの後輪駆動タイプはホームエレベーター枠の120cmを若干越えていたので、新たに別の中輪駆動6輪タイプを持ってきてもらい自宅のエレベーターに入るかを検証。タイヤが増える分長いと予想していましたが、これが意外にも10cmほどの余裕を持って楽々クリアでした。

110216_head次にヘッドコントローラーの検証。今使っている電動車椅子が近接スイッチを用いたデジタル制御なのに対し、よりシンプルでスムーズな操縦が可能なアナログ制御にしても使いこなすことができるか… ヘッドレストその物が通常手元にあるジョイスティック式の操作レバーの役目をするということなので、簡単に言えば、頭で押して大きなレバーを操作するということです。予想通り、首の可動域やリクライニング操作時の復帰方法に問題がありそう。専門家に課題を持ち帰ってもらって解決手段を検討してもらうことにしました。

110216_quickie天気が良く暖かい日だったので助かりました。ついでに、屋外に持ち出して自宅前の複雑な坂を走らせてもらいました。やはりパワー的には問題なく頗る良好。おまけに、中輪駆動だと方向転換時に自分の体が回転軸の中心になるため、体が振られて姿勢が崩れることが少ないようです。ひとまず新車は中輪駆動タイプに決定となりそうです。

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantonakunikki.blog70.fc2.com/tb.php/484-6e25be49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。