なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は入浴介助をキャンセルして、お婆ちゃんの告別式に出掛けました。昨日の渋滞を思うと開式時刻までに辿り着けるか心配でしたが… 予想に反して246で厚木へ向かう道路はガラガラで順調でした。やはり昨日は突然の停電予告に対処できずにみんながパニックだったのか… あるいは週末からガソリン不足が深刻化して車での外出ができないのか… と思いきや、座間の市道で大渋滞。ガソリンスタンドに並ぶ車の行列に巻き込まれました。

幸いなことに、僕のキャラバンはガソリンスタンドが給油制限を始める前に父が満タンにしてくれていたので安心でした。

ふと考えると、今回の出来事で僕は「幸いなことに」をよく使います。ただ運が良いワケじゃない。自分を取り巻く周囲の人達がいろいろ気を配ってくれていたり、日頃から協力してくれているからこそなんだよね。感謝。

斎場では近辺に住む親族だけで葬儀が進み、荼毘に付す前に電動車椅子で棺の近くまで行かせてもらい、お婆ちゃんの顔を見て最期のお別れもすることができました。

待ち時間中、久々に顔を会わす親戚達と近況や地震の際の話しをしていると、申し訳なさそうに斎場の職員が近寄ってきました。「駐車場に停めてあるお客様の車に、斎場に出入りしている業者がトラックをぶつけてしまいました。」とのシャレにならないお知らせ。おまけにぶつけたのはキャラバンの後ろ部分って…

えーーー! ハッチが開かなかったら… リフターが出せなかったら… ここから帰られへんがな~!

血の気が引きました。「よりによってこんな時にナニしてくれてんねんな!」久々に赤の他人に悪態ついたかも。予期せぬアクシデントでしたが、せめてお骨拾いまではきちんとさせてもらわないと苦労して相模原まで行った意味がありません。全てが終わってから車を確認しに行くと、ハッチとバンパーが凹んではいるもののリフターの使用には支障がない様子。ひとまずホッとしましたが… 事故処理に呼ばれた警察官も「よりによってこんな時に…」があからさま。

帰宅中、所々で停電に遭いました。交差点を通過中に信号が消えたことも… 通りの多い246の厚木近辺では信号がないのが怖いくらい交差点の流れがグチャグチャでした。

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantonakunikki.blog70.fc2.com/tb.php/494-8c180d94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。