なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年、小学校4年生と「まち探検」で関わってきましたが、ついにその子達が中学生になったということで… ステップアップ企画として、中学校の福祉教育で講師を務めてきました。

130313_honcho.jpg小学生の頃は遠慮無くワイワイ群がってきて素直な質問をぶつけてきたのですが、中学生になると遠慮や照れが出てくるせいか妙な距離感を感じます。こちらの緊張が伝わってしまったのもあるかもしれません。こちらから質問を投げかけてもシ~ンとして盛り上がりません。

自分一人が前で話していても空気が固いままなので、接近戦に持ち込んでみました。広い教室だったので机の間をぬって大きな電動車椅子でウロウロし始めると…
元気な体育系の子達が「すげ~」とか言い出しザワザワしてきました。作戦成功!

最後に「何か質問は?」と聞くといろんな声が出てきました。小学生の頃は「どうやって動いてるの?」とか「どうやって食べるの?」とか質問がシンプルだったのですが、中学生にもなると質問に答えるのも一言では片付けられません。

「障害を負って一番ツラかったことは何ですか?」
「福祉の制度で困っていることは何ですか?」
「将来やりたいことはありますか?」

「よっしゃ、じゃ~、今から授業を延長してもう一時間喋りましょう!」
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantonakunikki.blog70.fc2.com/tb.php/641-b0bec3ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。