なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャンディ・ダルファー(←参照:YouTube)のライブを観に南青山のBLUE NOTE TOKYOに行ってきました。

130414_bluenote.jpg初めて行く店だったのでいろいろ心配だったのですが… まず、駅から遠い。表参道駅から徒歩10分と書いてあるけど、当然、電動車椅子でその通りとはいきません。今回は調整中の新車で挑戦したのですが、6輪で走破性に優れた新車をもってしても、実際30分かかりました。雨の心配も若干あったのですが、なんとか降られるずに助かりました。が、降られたら電動車椅子で行くのはムリかも。

店のフロアは地下1階で正面入口は階段のみですが、事前に電話で車椅子だと伝えておけば、入口でスタッフを呼んで裏口からエレベーターを使わせてくれます。さらに嬉しかったのは、電話の際に電動車椅子だと伝えたところ、後日「電動でしたらコンセントの近いお席を用意しましょうか?」とわざわざ店が電話をくれたことです。なんという心配り…
130414_adalty.jpg
ライブが始まるまでに料理やドリンクを注文。今回は道中の時間配分が不安だったので、駅の近くで先に食事を済ませて行ったのですが、店の料理がとても美味しそうだったので、シーザーサラダとポテト、アダルティーなカクテル(なのにアルコールフリー)を頂きました。ライブが始まる前に食事を楽しむには、もっと時間に余裕を持って入らないと。

いよいよライブ始まりです。キャンディのサックス演奏に加えてラップとボーカルの2人が超かっこいい! ドラムとベースが叩き出すリズムもライブならではのグルーヴで興奮ものです。頸損でも体が動き出す!
http://www.bluenote.co.jp/jp/reports/2013/04/13/candy-dulfer.html

終わり近くになると、キャンディがステージを飛び出して客席で熱演。キターーー、生キャンディ! 世界のプレーヤーが僕の真横で熱いソロを吹いてる! 感動です。

最後の曲が終わって喝采ガ収まらない中、帰りの電車の時間に余裕の無い僕らはコソコソとフロアを出てエレベーター前まで移動… そこへプレーヤーのみんなもステージを下りてきて、握手。キャンディ・タッチ頂きました。

大興奮の一晩でした。結局、予定の電車に乗り遅れてしまい、就寝介助のヘルパーさんに緊急連絡。「すみません、30分ほど門限遅れます…」
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantonakunikki.blog70.fc2.com/tb.php/646-3650831e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。