なんとなく日記

 -since 2004-

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
061108_yokohama-2昨日、横浜へ行くのに久しぶりに東海道線に乗りました。秦野から横浜へ行くなら、本当は小田急線で海老名へ行って相鉄線に乗り換えるのが普通です。海老名駅の問題さえなければの話しですが… なので僕が横浜へ行くときは、車で秦野駅より遠くの二宮駅まで送ってもらって東海道線に乗るのです。

さてと、電車について語り出すとどうしても愚痴っぽくなる今日この頃ですが、今回はその集大成となるお話し。 お暇な方&東海道線のバリアフリー事情に興味のある方のみ「続きを読む」へどうぞ。
行きは二宮駅から乗車。この駅を使うのには本当に時間がかかります。まず、高架橋上にある改札へ行くのには車椅子対応型のエスカレーター。インターホンで介助をお願いすると、橋の向こう側にある駐輪場の係員がカギを持ってやって来て、利用客の流れを止めてからエスカレーターを車椅子対応モードに切り替えてくれます。ステップ3段分が水平になった場所に後ろ向きに乗り込み、ゆっくりと長いエスカレーターを上げてもらいます。ここまでの所要時間、エレベーターの約10倍。この間に電車を1本見送り… 改札に行くとだいたいいつも窓口が人で塞がっています。駅員が少ないのに“緑の窓口”を兼ねているから、要領の悪い客(or駅員?)が旅行の切符を買っていたりなんかすると10分以上も塞がってたりする。改札口から駅のホームへ行くのにはエレベーターがあるから自分だけでも行けるんだけど、ホームと電車との間には段差と隙間があるので「渡り板」による介助が必要です。改札で足止め食ってる間にもう1本電車が行ってしまう… 「駅員が足りないからもう1本待って」と平気で言うが、冗談じゃない。「無理。次の電車には絶対乗せて」と言い残して、勝手に先にホームへ向かいます。暫く経って次の電車がホームに入ってきたけど、駅員はまだいません。目の前でドアが開き、「また乗れないのか…」と諦めかけたところに、駅員が板を持って必死の形相で駆け下りてきました。電動車椅子の駆け込み乗車! 今回はギリギリで間に合いましたが、まぁ、いつもこんな感じ。

おまけに、横浜駅に着いてドアが開くと駅員が来ていない。恐怖の連絡ミス! ホームとの段差が大きいので無理に降りるわけにもいかず、子供に走って駅員を呼びに行ってもらう… こっちはこっちで大声を上げて駅員を呼ぶ… 異変に気付いた周囲の客もざわつき始め… そこに、渡り板を持った駅員が後ろの車輌から現れました。「二宮からの連絡では後ろの車輌だって言うから…」って、そんな言い訳は良いからサッサと介助してくれないと東京まで連れて行かれちまうよ~! でも、こんなことだって初めての体験じゃない… 前回の連絡ミスでは危うく籠原(群馬県)まで連れて行かれるとこだったし。それ以来、怖くて上りの快速(湘南新宿ライン)には乗らないようにしてる。

帰りは久しぶりに満員電車に乗ってしまいました。平日の19:30… ふだん自分だけの時はなるべく外す時間帯だけど、子供が一緒の時には早めに帰りたい。横浜は始発駅じゃないので、まず大勢の客がドッと降りてきます。タイミング良くサッと渡り板を置いてもらわないと、他の客が大勢乗ってからでは電動車椅子なんて入る隙間もありません。東横線の車輌みたいにスペース(→参考)があれば、満員時でも居場所が確保されて自分も他の乗客も安全だと思うんだけどなぁ。今回はなんとか上手く乗り込めたけど、さすがに満員電車の中で電動車椅子の高さでは息が詰まります。普通の手押し式車椅子だったらもっと低いのかと思うと… きっと怖くて苦しい思いしてるんだろうなぁ。

戸塚、大船、藤沢… その辺さえ過ぎれば客は降りていく一方で、相模川を越える頃には車内はガラガラです。さて、行きと同じく二宮駅で下車… ところが、下車できないのです。二宮駅の外へ出るエスカレーターは20:00までしか介助の係員(二宮“町”の職員)がいないので。ホーム~改札のエレベーターは動いているのに… 意味不明。 そんなワケで、20:00以降の場合は小田原まで乗って、折り返し小田急線で秦野まで戻るしかありません。所要時間は行きの2倍以上。

で、今回もダラダラと愚痴っぽいことを書いてきましたが… 結局、何が言いたいのかというと、
東海道線のバリアフリーって、これでいいのか~!


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nantonakunikki.blog70.fc2.com/tb.php/86-65ff699b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。